IO-DATAのSCSI→IDE変換HDDをCF化

以前も紹介した、SCSIの外付けHDDで中身がIDEのHDDタイプをCF化してしまいます。40GBの容量だとうちの98のSCSIカードで認識出来ませんでした。
cat20170415121027

 

早速ばらします。

cat20170415121441

 

3.5インチのIDEコネクタが付いたCF化基盤です。Amazonで300円しなかったです。が・・・刺してから気がついたのですが、HDDの基盤側はメスで、こちらもメス同士という悲劇・・・。16GBにしたのはこのHDDはIDを2つ割り振れるので8GBのSCSI-HDD2台に見せることが出来るからです。

もっと後期のだと4台に見せることが出来ます。

cat20170415122206cat20170415123053

 

気を取り直して、今度は3.5インチのIDEを2.5インチに変換する物と2.5インチ用のCF化の変換基板でチャレンジします。端子のサイズ変更の物は全部ピンが出ているし、HDD側は全部穴が空いてたので、表裏を間違わないようにです。

cat20170423122449cat20170423122903

 

なんとか刺さりましたが・・・。電源部分が結構無理しています。CF化基盤が16GBのカードだと認識し無い物や、LEDのアクセスランプがつかない物とかもありました。変換名人って奴は収まりも良く16GBも認識してランプもついてくれたのでこれにします。

cat20170423123057cat20170423124604cat20170423171951cat20170423172027

 

98からフォーマットしたら使えました。ただ、起動がもの凄く遅いです。4,50秒画面真っ暗画面になってから起動する感じで、立ち上がりに時間がかかります。立ち上がってからは速度に問題無さそうなのと、ファンが無いので、HDD自体が無音で静かになりました。ちょっと惜しいなぁ。

cat20170423125942

ヤフオクで売られていた、MSXのRGB用シンクセパレータケーブルを落札しました。

MSXの21ピンのRGBケーブルは有る物の、うちの15kHz対応のX68モニターやLCD-8000VなどはVGA端子だったりで、そのまま刺さらない&複合同期信号に対応してないので、同期信号の分離回路が必要でした。以前パソコン通信の友達に作って貰った(もう20年以上前ですが・・・)のはメガドラ用で、MSXだと電力不足からか動きませんでした。

 

で、今回落札したのはこんなタイプです。USBで電気を供給しているようです。出品されている方は、ずっとこのタイプのケーブルを作られていたのか、今見ると需要が減ってきたので今度が最後にしますと書かれていました。自分でこういった工作が出来ないので助かりました。

cat20170405200849

 

MSX側の端子です。

cat20170405200916

 

基本的にX68のモニターとして作られているので、昔の15ピンの端子です。音声も繋がっていてモニターから音も出ました。

cat20170405200922

 

パナソニック系のMSXでテストされているとの事でしたが、SONYのF1XDmk2でも使えました。

cat20170405201129

 

と言うことで、X68のモニターで綺麗に映ります。

cat20170405201441

 

ここからは保証外ですが、プロジェクターにもつないで見ました。2台あってどちらもVGA入力は、15kHz対応と書かれていました。先にACERのK10と言うプロジェクターにつないで見ましたが、画面が切り替わるたびに切れたり不安定です。※カラフルな表示はDLPのカレーホイールのせいです。

cat20170405201918cat20170405202007

 

もう一つTAXANのプロジェクターにつなぐと、こちらはプロジェクターのACアダプターが近いとノイズを受けるのか安定しませんでしたが、離しておくと画面の切り替わりも問題無く安定して映りました。

cat20170409164142cat20170409165919cat20170409164159cat20170409164316

 

最後にLCD-8000Vにつなげて見ましたが、こちらは安定せずに数秒おきに信号が無いって感じの表示でブルーな画面に成ってしまいます。

cat20170409171333cat20170409171845

何だかんだでブラウン管の写りが安定してる上に綺麗なので、そちらで活用できそうです。

IOデータのIDE変換SCSI-HDD HDVS-UMxxGシリーズ

CFをSCSIストレージとして使う変換番長を、その内追加で買おうかと思っているうちに、いつの間にか販売終了となっていました。

こう言う物って何時までもあると思ってたら駄目ですね。まぁ欲しいからって4枚も5枚も気軽に買えない値段でしたが。

 

と言うことで、代替えになりそうなIDEのHDDを内蔵してSCSI接続出来るHDDをヤフオクで落札しました。IOデータの物とメルコの物とロジテックのがあるようですが、IOデータの物は容量が決め打ちじゃ無いらしいので、それを狙うことにしました。今回はHDVS-UM30GとUM40Gと言う2台です。容量が13GB以降は中のHDDの容量が違うだけみたいです。

cat20170318115555

 

このシリーズはMOもHDDも見事にプラが黄ばみますね。

cat20170318123428cat20170318115810

 

このIOデータのドライブですが、13GB以降だとドライブ分割モードがついていて、容量を制限したり単純に半分にしたりしてSCSI-IDを連番で取ってくっれるモードがあります。

cat20170318123454

 

取りあえずXPのパソコンからチェックです。

cat20170318121525

 

diskinfoってSCSIだと見えないんですね。※見えてるのは内蔵のSSDです。

cat20170318122844

 

ファームウェアのバージョンも上げておきます。SCSIインターフェースからのバージョンアップで、XPのカードからは出来なかったので、WindowsMeのPCからやったら出来ました。このあたりはツイッターでフォローしていただきました。

cat20170318221340cat20170318222528

 

今回は、レトロPCにつなぐつもりで、特に98に欲しかったのですが、うちのICMのCバスSCSIボードだと認識出来ませんでした。大きな容量で認識出来る物は、かなり数が少ないらしいです。

さすがに30GBとか必要ないのですが、8GBでは使いたかったですね。

cat20170319090502

 

 

今度はX68000につなぐとこちらは普通に認識してくれました。Mach-2を使用しています。

cat20170319091217cat20170319094629

 

HDDの初期化はもの凄く時間が掛かって2時間くらい放置したらいつの間にか終わっていました。後は領域確保して起動させたいのですが、GOVER使おうとしてる物のうまく使えず・・・。G超えて使うの初めてなので、ちょっと調べないとです。X68もHDDは1GB有ればもう充分位なんですが、昔のSCSIのHDDは何時壊れるか判らないし、何よりむちゃくちゃ五月蠅いので、交換できたらなぁと思います。IDEのHDD自体はCF化することも可能みたいなので、また出っ張りの少ない変換基板とか、3.5->2.5インチの変換コネクタとか探してこようと思います。これで静音化も図れそうです。

cat20170319094637

第6回 マイコン・インフィニット☆ひなまつりPRO-68K その4

ケンちゃんのお店は缶バッチ屋さんになっていました。ガチの機材で大量生産されていました。腕疲れそう・・・。なんかラジオデパートのマークって遠目だと昔のファルコムのマークみたいですね。

cat20170312131649

 

ヘルメッツさんのところの家はミステリーハウスの例の奴です。ミステリーハウスって結局解けなかった・・・。ダライアスバーストの筐体はVITAをさした状態でプレイ出来るところも良いですね。反射させてるだけでも直視と比べて随分雰囲気が違いました。

cat20170312131731cat20170312143324

 

前田さんのところはS1とSMC-777です。777って色も多いから、今更ながら綺麗な画面だったんですね。

cat20170312143032cat20170312143117

 

こちらではレトロな自販機のミニチュアなど展示されていました。

cat20170312142856

 

ジーコも順調に増えていました。

cat20170312142804

 

今回は会場の真ん中が休憩スペースなんでシエルさんのハンディ98を触らせていただいたり、例の5インチフロッピーUSB化基盤を見せていただきました。いよいよ最終形に近いらしいです。5月のイベントではブース出されるかもって事でした。

cat20170312134851cat20170312135631cat20170312141155

 

今回はイベント前にBEEPさんでMSXのRGBケーブル<引っ越しの時間違って捨てたみたい・・・。買ったり、試運転さんのところの薄い本買ったり、レトロエクスプレスの前売り券買ったりでした。エクスプレスらしく切符なんですねw

cat20170312194458

 

にしても、今回レトロ系のPCはちょっと少なめだったような気がします。88や8001シリーズ、FMシリーズやX1ももっと沢山見たいなぁ~。



最後に動画にもまとめてますので、動いてる姿はこちらでどうぞ。

第6回 マイコン・インフィニット☆ひなまつりPRO-68K その3

こちらはアーケードゲーム移植のWindows版ソフトのプレイアブルデモです。この辺りのシリーズヤフオクで偶に見るんですが、イマイチ全容を知らないんですよね~。で、展示機はソーテックのアレなマシンです。今となるとレアですね。ブラウン管で綺麗に見えます。ホリのジョイスティックはUSBでは無く、サウンドブラスターのジョイスティックポート版との事でした。

cat20170312133151cat20170312133211cat20170312133240

 

こちらはカセットビジョンにスーパーマリオを勝手に移植されています。色数が足りなかったりしますが、スムーズに動いてて、市販でしたと言って判らないかも。面指定してスタート出来るそうです。

cat20170312133351

 

こちらは東方のファミコン版を自作されています。さらっと展示されていますが、なにげに凄いことですよね。このイベントでは、さらっと展示されている物が多いのと、クオリティーが高いのでこんなの売っていたっけとちゃんと考えていかないと駄目ですよね。

cat20170312133449

 

紅茶羊羹さんの所です。今回は新作のオプションパーツ販売は無かったです。MZ-1500の展示でメガドラパッドが繋がっていました。起動メニューからしておかしすぎます。MZ-1500でLANとかリモートPCってなっとるのが・・・。88でもそんなの無いよ。

cat20170312142626cat20170312133609cat20170312153445

 

第三研究所さんの所のブースです。サイトはしょっちゅう見て色々楽しませていただいています。というか、検索したらよく引っかかります。調べたいことが大抵載ってるんですよね。うちのAs2もいつか修理をお願いしたいと思いつつ、家庭内許可が下りないままです。

cat20170312131232cat20170312142537

 

試運転さんの所は話こんでて写真撮り忘れです・・・。FD保存方法の薄い本が、即効売り切れてシェルさんのハンディ98展示に変わっていましたw

cat20170312140151

第6回 マイコン・インフィニット☆ひなまつりPRO-68K その2

こちらはコモドール64を並べたサークルさんです。友達がVIC1001持っていましたが、使ってるところは見た事無かったです。驚いたのは思ってたより、ゲームがスムーズに動いてて綺麗でした。日本の8bitマシンとはやっぱ進化の仕方が違うのかな~と思いました。

上のがよく見る64で、下のがAMIGAが出た頃に出し直した筐体だそうです。デザインがAMIGAっぽいですね。

cat20170312144005cat20170312132407

 

ソフトがテープなので、1面進むとテープの読み込みが始まるって凄い代物ですが、動き自体はかなりスムーズでした。

cat20170312154910

 

こちらで驚いたのがSIONIIのハイレゾ版が作られていたことです。こちらに公開されています。早速やってみましたが、VERY SLOWじゃないと難しくて出来ないです。昔は誘導ミサイルなんて使わなかったのに・・・。cat20170312132514cat20170312132804

 

こちらは、X1でファンタジーゾーンを作られています。以前も見ましたが、更に改良されて行ってるらしいです。音楽もかなり良くて、CD鳴らしてるんじゃ無いかなと思うくらいです。

cat20170312132948cat20170312132845cat20170312144104

 

偽なすかさんのブースです。なすかさんってMasterSystem好きって言ってるのに、MasterSystemのゲームが動いてることが無いんですよね。何時も”それ違う機種の物です”ってのが動いてて面白すぎです。

cat20170312130147cat20170312144150cat20170312130302

 

カセットビジョンの互換機とのことです。カセットビジョンの場合カードリッジ側に主要な物が乗っているらしく、カードリッジがゲーム基板みたいな物ですとのことでした。

cat20170312130237

第6回 マイコン・インフィニット☆ひなまつりPRO-68K その1

またまたMI68に行ってきました。第2回目から参加なのですが、どんどん規模が大きくなってきて、とうとうUDXでもかなりの一等地まで来ましたね。会場も広くなりましたが、人もかなり多かったような気がします。今回は午後からって事もあって余計に密度が増したのかな。

cat20170312121219cat20170312121350cat20170312124124

という感じで、会場の開場前はこんな雰囲気です。

 

入り口のプレイアブルコーナーです。タウンズとX68が並んでいました。

cat20170312125450

 

ちょっと進むと68が山積み・・・。しかも色々パワーアップされまくった物とか積まれてて凄いです。地味に足元にもあるんですが、こちらもサターン開発機とかよくわからない物まで並んでいました。cat20170312130003

cat20170312131928cat20170312132044cat20170312131934

パソ通のホストマシンも稼働していて、当時アカウント持ってた方はそのままログイン出来るそうです。って覚えてるのかなw

 

毎度LYNX並べられている若者チームの方々です。

cat20170312132221

 

スライムワールドをみんなでやるって集まりやってましたが、ハードル高いのにやってるよ~。スライムワールドなんて自分知らないですよw

cat20170312143923cat20170312132317cat20170312132320

続きます。

あそぶ!ゲーム展 サウンドクリエイターの仕事 その2

タイトーの方は、主に効果音を作られて、今はプロデューサー的なことをされているそうです。

その中でもダライアスバーストのコイン投入音が、ダライアスIIのテンポを変えた物って始めて知りました。こう言うコインの投入音も、もの凄くこだわられているのも、当たり前のように遊んでいて、耳に付いてるのに気持ちの切り替えになったりしてるのを深く考えずにいました。確かにお金を入れる音やスタート音とかって、さあゲーム始めるぞって気になりますよね。

cat20170218143428cat20170218143559

 

音源の進化についても話されていました。FM音源ってホント活躍していましたよね。今の音楽ももちろん良いのですが、PSGやFM音源ってゲームを一番長くやりこんだ時代なので、この辺りが一番良い思い出で残っています。

cat20170218144048cat20170218144333

 

タイトーは通信カラオケもやっているので、音源は共通化されていたそうです。

cat20170218144430cat20170218144541cat20170218145758

 

最後はSEGAです。話されていた方は、スペハリや、アウトランとかの曲を作られていています。若い頃のインタビューで、何時までも会社に行くのが楽しいと思って仕事したいと答えたそうですが、今でも毎日仕事に出かけるのが楽しいそうです。仕事がそう思える環境ってほんと良いですね。趣味が仕事で食べていけるってレベルにあるのは凄いことだと思います。

cat20170218150001cat20170218150122cat20170218150540

という感じで、広々とした綺麗な会場で音源の仕組みや思いやらを聞けてかなり楽しめました。

あそぶ!ゲーム展 サウンドクリエイターの仕事 その1

先月のお話ですが、記事にしてなかったのでアップしておきます。

このあそぶ!ゲーム展も、もうすぐ終わりなので、行ける人は行って置いて損は無いと思います。

cat20170218130333

 

今回友人のと行ったのですが、偶々イベントホールでサウンドクリエイターの仕事と言うイベントもありました。ニコニコ動画でもライブ配信してたらしです。

cat20170305135541

 

昔慣れしんだゲームの曲を作った方々が舞台に上がってお話してくれました。

自分はゲーム音楽って、未だにかなり聞いてる物の作曲した人とか、全然関心が無く曲名すらちゃんと覚えてませんでした。”何々ゲームの最初の音楽”みたいな感じです。

cat20170218135806

 

最初にナムコの初期のゲームの音楽を作られたお二人です。女性の方とは全く知りませんでした・・・。

cat20170218135945

 

音源の初期の物から後期の物の流れについて解説してくれます。とてもわかりやすかったです。重ね合わせた音の作りとか、詳しく説明してくれました。

cat20170218140523cat20170218140831cat20170218141225

 

ナムコは初期から音楽に力を入れていてゲーム基板の大部分が音に関する部分でしたとのことです。

cat20170218141911

MSX用FM音源 FM-PACをいただきました。

友人の”かえる”より、お土産を頂きました。MSX用のFM音源パックに薄い本が2冊です。

シグマのカメラは初代DP1を買った物のそれっきりですね。今のも欲しいのですが、オールマイティに使える物がすべて古くなってしまったので、そっちが優先かなと思っています。

撮像素子に特徴があるかカメラは好きではあるんですが・・・。富士のS5proとかオリンパスのコダックCCDセンサー機とかD2Hとか使ってますしで・・・。

 

とそんな中、この間抽選で当たったMSX2にFM音源が付くと言うFM-PACもいただきました。

オークションで見てたんですが高くて、落札は定価並みの価格になっています。漢字ROMと増設メモリーもとか言い出すと2+の中古の方が安いですからね~。と言うわけで、貰えたのは非常にありがたいです。

cat20170218181742cat20170219082237cat20170219082248

 

内蔵音源とミックスされるので、カセットに音量調整があります。うちのだと小で丁度良くて、中でも音割れしてしまいました。パックにはMSXのロゴだけなのでMSX1でも使えそうですね。BASIC使うにはメモリー容量の制限があったような気がします。

cat20170219082329cat20170219160710cat20170219161247

cat20170219161448

取りあえずサンプルの曲を聴いたりします。当時はポコポコ音源ってイメージでしたが、思ったより聞けるかな~って感じです。MasterSystemとかもポコポコ鳴ってたので同じ印象でした。

また、対応ソフトでも買ってみてPSG版と聞き比べたいかなと思います。

SONY HB-F1XDmk2が送られて来ました。

cat20170204165555

BEEPさんところの季刊誌EXTRAmagのアンケートに答えたら、「MSX2パソコンが当たりました」と連絡があり送っていただきました!パソコンが当たるのとか始めてかも。

 

と言うことで、届いたのはSONYのHB-F1XDmk2でした。機種まで書かれてなかったのでなんだろなぁと楽しみにしてました。この機種はフロッピーのベルトで不具合が出る物ですが、すべて修理されて問題無く使えています。

cat20170205104056cat20170205104126

 

メモリーは64KB。MSX-DOSは動かないのかな・・・?色々忘れています。自分は、三菱のG30って言うセパレート型のMSX2は持っていました。(捨てましたが・・・)

cat20170205103540

 

連射機能はREN-SHAなんですねw

cat20170205103606

 

RGBのケーブルはどこかにあるハズなんですが取りあえずコンポジットで写してみました。めちゃくちゃ汚い・・・。ゲームならまだしも文字入力とか結構つらいカモですね。自分がMSXあまり使わなかったのは、テレビ台に乗ったテレビにつないでいて、雑誌の打ち込みとか本体は地べたにあるので首が疲れてとか言う理由もありました。

cat20170205103629cat20170204170120

 

殆ど残っていないROMカセットですか少しはあるので遊んでみます。折角なのでまだネットで公開されている方のプログラムとかでも遊んでみたいと思います。

cat20170204170229cat20170204170344

 

2DDのフロッピーも手持ちが殆ど無いので2HDのテープで逃げ切ります。Windows側からファイルコピーして持って行きましたが取りあえずは問題無さそうでした。

cat20170204170612

にしても、久々に大型のプレゼント当選でした。



2005年に秋葉原で行われたMSXイベント記事はこちらです。


tag : MSX

Macintosh Quadra650のバックアップと電池交換及びメモリー交換

Quadra650の電池切れが気になっていたので、Amazonで購入したパチモン電池を交換です。分解めんどくさい~と思いましたが、金属ガイドがかなり外れにくくなってて本当に面倒でした。手順自体はたいしたことないですね。

cat20170122141149

 

SCSIケーブルは秋葉原のBEEPやケンちゃんで買いそろえたので、くし形の口でも付くようになりました。MAC用のケーブルはAmazonで新品が安かったのでそちらで購入です。沢山持っていたのに捨てちゃうなんて・・・。

cat20170122142146

 

さくさくっとバックアップです。と言っても時間がかかりますね。コピーが終わると「コピー終わりました」ってしゃべったのでびっくりです。昔は細かいとこともカスタマイズ可能でみんないろんなカスタマイズしましたよね。起動画面からアイコンから、それぞれの動作音とか。MacやWindows機のアイコンを自分で変えたりしなくなったのは、Windows2000やOSXになった頃かも。

cat20170122142312

 

メモリーは40MBです。電池交換のついでに入れ替えます。

cat20170122144021

 

電源を引き上げて抜いて、ドライブ類のコネクターを抜いて引き上げたら終わりですが、プラが堅かったり、シャーシから抜けにくくて時間がかかりました。

cat20170122160946

 

電池も交換。これで毎回日付入力しなくて良くなります。

cat20170122165232cat20170122165709

 

メモリーも微増です。今更ちょっと増えたからと言って何があるわけじゃ無いですねw

cat20170122170917

540MBのMOでまるまるバックアップを取って、MOからの起動も確認終わり。後はSCSIのMOをもう2,3台くらい準備したいところです。都度都度持ち回りなので、コネクタ周りがヤバそうな感じですし、SCSIの640MB対応機1台しか無いと壊れたらそれまでなので。

PC-9801DSをヤフオクで落としました。

整備済みの本体+4MBメモリーの組み合わせです。

ホワイトニングとコンデンサー交換となっていますが、本当に綺麗な筐体でした。端子類もぴかぴかです。

cat20161223110954

 

裏も本当に綺麗ですね。

cat20161223110358

 

中も綺麗でした。このマシンは、電源のコンデンサーとフロッピーのコンデンサー、内蔵電池の液漏れが主な故障原因になるみたいですが、その辺りはすべて交換済みです。これで9千円程です。

cat20161223110416

 

CPU周りです。386SXなので、これ以上のパワーアップは厳しいですね。まぁあえて5インチを狙ったので、早いのが欲しいときはノートでいいやと。Windows3.1位まではと思いましたが、結構重かったです。メモリーも4MBじゃさすがに厳しいのでDOSオンリーですね。

cat20161223110419

 

内蔵の電池はまた微妙な位置ですよね。バラバラにしないと何も出来ないような所という・・・。

cat20161223110438

 

メモリーカウントは486ならかなり早いのですが、386クラスだと積み過ぎると起動の時間が待てなくなりますよね。実際4MBでも結構待たされる感じです。

cat20161223110619

 

このフロッピーだけでも値打ちがあるような気もします。

cat20161223110631

 

という感じで、取りあえずSCSIボードをさして環境構築中です。と言っても昔の環境をそのままコピーして入れて行くだけですが。SCSIのMOの予備が無いとやりとりが大変になりそう・・・。先日230MBのが死んじゃいました。

 

自分の場合、PC-286VEからPC-9801NS/T(OC24MHz)になったので、386SXでもそこそこ大丈夫かなと思ったのですが、以外とDOS環境でも重いですね。1年ほど前に手に入れたPC-9821Ndは486の25MhzでDOSがサクサクだったので、DOSなんて軽い物と思い込んでいました。286よりはこれでもクロック分くらいは早いんでしょうけど。取りあえずメモリー周りが386の端くれなので助かってはいます。

 

Cバスのボードって後はAs2から抜き取るようなものってあんまり無いし、NS/Tで使っていた拡張BOXのサウンドブラスターくらいですね。これもWindowsじゃないと意味ないですね。

VEのフロッピーが何枚か有るので、原則それで楽しみたいと思います。

ヤフオク経由で落としたX68000EXPERT II HDです。

レトロパソコンを弄るために机を用意したのもつかの間、PROが速攻お亡くなりになりました。手も入れてなかったので、電源がもう駄目だったのかもしれません。

今回は、うちの人に許可を貰って落札しました。物はBEEPさんの所のEXPERT II HDです。

梱包は68用?って感じの包みに入っていました。

cat20161207231212

 

チェックリストと、フロッピーがおまけに付いています。

cat20161207231257

 

見かけはまぁくたびれてますね。

cat20161207231537cat20161210090257

 

埃も結構凄いので、蓋は水洗いすることにしました。cat20161210085726cat20161210092826

 

中のシールド版も手の形だらけ。

cat20161210090549

 

埃も払うことにします。

cat20161210090556

 

電源はACアダプター化されています。HDDは特にオークションに書かれていませんでしたが容量は20MBでした。ACEのか何かに載せ替えられてるんですかね?どのみち小さいとは言え20MBはさすがに厳しい・・・。

cat20161210090719

 

030に載せていた。MACH2とCompactに載せてたメモリーを移植します。

cat20161210101631cat20161210102714

 

取りあえず、動いているようです。ACアダプター化されてると随分静かですよね。昔のファン付きのPCは結構やかましいですよね。XVIが欲しいところですが、値段が倍ほど掛かるので、それならグラボ買い換えた方が良いでしょと言われたので、ノーマルで我慢です。030で動かないものもこれで一安心です。微妙に初代とかPROとかCompact使いだったので、金色エンブレムは初めてだったりします。かなり曇っているので、良い掃除無いですかね~。

cat20161210113956

「いま蘇る ソフトベンダーTAKERU伝説 ~レトロPCゲームと語る30周年~ その3」

最後のソフトウェアの展示です。当時のいろんなパッケージが展示されています。一応TAKERUで販売された物も端っこにありました。やっぱり当時はこの差が多きかったように思います。

とは言え、自分も結局は場所が無くてメディア以外はごっそり捨ててしまっていますが・・・。捨てすぎてマニュアルプロテクトが判らず今からインストールさえ出来ない物も有ります。最後はプレストとかドリキャスのソフトもメディアだけ残してケース捨ててましたから、捨てるよりマシかと言うような残し方です。

cat20161126134902

 

結構古めの物から展示されています。

cat20161126134957

 

テグザーの各機種用です。

cat20161126135013cat20161126135021cat20161126134952cat20161126135110

 

TAKERUだとマニュアルがプリンタ出力なんですよね。展示されてたTAKERUは後期なのかレーザープリンタっぽかったですが、初期のは連続帳票のラインプリンタですよね。

cat20161126135027cat20161126140420

会場はノボリも沢山ぶら下がっていました。このロゴのでもちょっと欲しくなりますよねw

 

最近レトロ系が一部で盛り上がっていますが、メーカーが出てきてやってくれるイベントは珍しいですよね。実機も沢山触れたので満足できるイベントで楽しめました。また、トークイベントも楽しいので、結局それだけで2時間半も聞いていました。出来たら全部聞きたいくらいの無いようでした。



最後に10分弱で動画にまとめています。トークイベントは撮影禁止だったので会場の様子です。

「いま蘇る ソフトベンダーTAKERU伝説 ~レトロPCゲームと語る30周年~ その2」

TAKERUイベントで珍事されていた。ホビーパソコンの紹介です。

これだけ全部有れば、物欲は殆ど満たされるようなラインナップだと思います。もちろん最終版とメイン機みたいに、(68ならXVIと030の組み合わせ)とか色々あるとは思いますが・・・。

 

今回は展示ゲームが、メーカーの了解とかもあるので、多少偏りもあると思いますが、人によってこだわりも随分違うと思うので、仕方無いですよね。

なによりBlogの紹介記事見てるより、ブラウン管との組み合わせで実機が触れるので、出来たら実物を見て触るのが一番だと思います。

 

PC-8801mkIISRとPC-8801FHです。

cat20161126130844

 

PC-88VA2です。うちのVA3はもう駄目かなぁ・・・。

cat20161126131122

 

TurboRが展示されていました。黄ばみ少ない綺麗な物でした。

cat20161126132222

 

FM-7ですね友達の家でよく遊ばせて貰いました。

cat20161126131228

 

77は全然触ったことが無いです。AV版のシルフィードって途中のデモ画面も綺麗になっていたんですね。88の8MHzに比べたらやっぱ若干引っかかるところがあると思います。

cat20161126131250

 

98はUVとVM11って感じでV30マシンでした。後半はエロゲーマシンだったのでこの時代くらいで良かったのかもです。

cat20161126132152cat20161126132043

 

TOWNSは一体型です。一時欲しかったですが、これも壊れるんですよね。画面入力があるのがすてきです。

cat20161126132102

 

X1も周りで使ってる人が居なかったので未知の機械です。

cat20161126132121

 

X68はEXPERTの展示でした。

cat20161126132613

うちのも順調に壊れて行ってるので、悲しい所です。自分で修理出来る技術は今更だとかなりキツいです・・・。

「いま蘇る ソフトベンダーTAKERU伝説 ~レトロPCゲームと語る30周年~ その1」

秋葉原で行われているソフトベンダーTAKERU(ソフトの自動販売機)の30周年イベントが行われているので行ってきました。場所は秋葉原のUDX4Fです。

cat20161126130507

 

入場は無料で、トークセッションのみ事前登録が無いと立ち見です。空き席待ちでも結構座れるようなので、長めのセッションなら並んだら良いと思います。フロッピーっぽいメモ帳が貰えます。cat20161126130748cat20161126130751

 

真ん中にTAKERU本体が置かれていて、周りに当時のPCが実機で稼働しています。

cat20161126141729

 

こちらがTAKERUです。J&Pに有ったのは赤い色のイメージでした。バージョンが違うのかな?cat20161126134744

 

中も開いて見れます。

cat20161126133244cat20161126133358

 

タッチパネルは動作しません。と言うかもうこの機械死んでるのか、下にLet's noteとスキャンコンバーターが置いてたので、絵を出しているだけにみえました。

cat20161126141823cat20161126133559[1]cat20161126133434[1]cat20161126133622cat20161126133625

時代が自体なので、凄く大がかりですよね。自分はと言うとTAKERU自体は1回くらいしか使ったことが無いです。やっぱどうせお金を出すならパッケージ版の方がいいかなと思います。今はSteamで平気ですが、当時はソフトウェアの価値の認識が緩かったので、箱やマニュアル自体が無いと何だか安っぽく思えたんですよね。

PC-9821As2の様子を確認してみました。

東京に出てから完全に放置したままのAs2を封印を解いてみました。自分の買ったPCの中で一番お金が掛かったPCだと思います。追加パーツもみんな高い上につける物が沢山有ったの、何だかんだでまるまる考えると70万円近く払っていると思います。

cat20161123161529.jpg

プチプチに包んだままです。これサカイ引越センターに頼んで運んで貰ったのですが、箱が無いので大阪から東京までこの状態で運ばれてきていました。
cat20161123145601.jpg

買った時期も早めで初期の物になります。製造番号は41で始まっています。
cat20161123145705.jpg

拡張スロットは、エプソンのスキャナー用のボード、Windows95で使うLAN、下はカノープスのアクセラレーターです。ローカルバス版じゃ無くてCバス版です。お金無かった・・・。
cat20161123145713.jpg

2ドライブにして純正のCD-ROMも搭載しています。この機種はコンデンサーの液漏れで置いてるだけでも壊れてしまうらしいので、電源を入れずに状態を確認していきます。
cat20161123145737.jpg

蓋を取って中身を見ます。金属も多くてとても重いですね。
cat20161123150211.jpg

フロッピー周りです。
cat20161123150300.jpg

CPUボードとメモリーボードです。
cat20161123150419.jpg
cat20161123150859.jpg
メモリーボードもオプション、乗ってるメモリもオプション、CPUは当時流行のAMDの物が乗っています。セカンドキャッシュも追加しています。つけたときは随分早くなったと思いました。


340MBのハードディスクです。
cat20161123150616.jpg

専用スロットのSCSIボード。NECチェックが掛かります。
cat20161123151239.jpg

スロットに差したボード類です。
cat20161123151342.jpg
cat20161123151348_thumb.jpg

電源ユニットです。
cat20161123151420.jpg

詳しい方に見て貰ったら液漏れした後が残っていますとのことでした。このAs2はカレンダーバグ付きだったので、一度修理に出しています。そのカレンダーICの上のコンデンサーが漏れてるように見えるそうです。
cat20161123151536.jpg

拡張スロットです。
cat20161123151954.jpg

ドライブ類はまとめて抜けます。
cat20161123152249.jpg

他にもネジ周りが偉いことになっているので、裏見るのが怖いですね。
cat20161123153503.jpg

青い玉みたいなのは、PentiumODを載せる際に不安定になる対策だそうです。これも修理ついでに追加されたようです。
cat20161123153549.jpg


こちらは、本体内蔵のグラフィックアクセラレーターです。1MBでXGA表示させたとき256色だったのが困って、別売のを増設していました。
cat20161123154148.jpg


これがM/B全景です。コンデンサーるいの交換は自分で出来ないので、どこかにお願いしないとです。
cat20161123155640.jpg
最悪HDDの中身が吸い上げられたらなぁと思っています。既に死んでるかも知れませんが・・・。

tag : PC-9821AS2

Geforce GTX 960+PhenomII965BEの組み合わせ

先週大阪に帰省していましたが、旧友からGeforce GTX 960を格安で譲って貰いました。

うちのメイン機にも960が積まれているのでSLIにしよう~と思ったら。なんとうちのM/BはSLI非対応・・・。Athlon64の時代でも出来たのに!と思ったのですが、ASUSのP8P67シリーズで一番安い物はクロスファイヤのみ対応という・・・。当時数千円ケチったばかりに。

 

と言う事なのですが、リビングに置いてるPhenomII 965 BEのマシンが4KモニターなのにRadeon R7 250Xとかなり遅かったので、そちらと交換することにしました。

 

譲って貰ったのはこのASUSの960です。友人はRadeon RX470に買い換えたそうです。

cat20161103095527cat20161103095724cat20161103095830cat20161103101959

 

Radeonに比べると大きいです。

cat20161103102204cat20161103102440

 

3DMARKではRadeonから大きく伸びました。

cat20161103095252cat20161103105905

 


Fire Strike がCore i7-4790Kで6,452なので、これ位有ればそこそこゲームできるかなと思ったのですが・・・。PhenomIIがもう遅すぎですね。WOWSやってみましたが、とにかく引っかかります。CPUは全開で回っているようなのですが、グラフィックの画質以前にCPUで引っかかるようで、書き換えががくっと落ちてしまいます。

ちょっと残念。このPCはAMDシリーズで入れ替えて行っているので、そろそろ入れ替えても良いのですが、ZENが出る前でタイミング悪いですよね。

cat20161103110555


ゲームレジェンド 25に行ってきました。

うちから距離はかなり近いところで、埼玉県川口駅すぐの所でやっているレトロ系のゲームのイベントです。基本同人即売会なので、それなりにお金が無いと楽しめないと思います。

とにかく人が多くて付いたら入場制限中。試遊台で遊ばせてくれるブースもあるのですが、とにかく混んでいます。

と言うことで今回もサクッと見て戻ってきました。

cat20161106131935

プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク