DELL PowerEdge SC420のメモリーECC無効化(メモリー増設)

標準の256MBだととりあえず動かすにはいいのですが、今メモリが安い時なので追加しました。元の256MBに追加して512MBにするため256MB DDR2(nonECC)を買ってきました。

IMG_8090.jpg

2,280円のエリクサーのメモリーです。

SC420についている標準のメモリは、ECC付きのメモリです。
困ったことに、ECCの無いメモリとは混在できません。
ECC有りのメモリ(この場合さらにアンバッファード)は殆ど売っていないし高いらしいです。

IMG_8113.jpg

そこで、某掲示板で神と称えられている方(グラフィックドライバーの書き換えなどで有名な)のツールを使って、ECC付きのメモリをECCを無効化させます。

spd.jpg

SPDの情報を読み出し、バイナリーエディタで書き換えます。
その後、再度書き戻して終わりです。

※コマンドプロンプトから行います。読み出し書き出し方法は、ツールのドキュメントに付いているので読んでください。

20050605100932s.png

書き換えた箇所はうちの場合、赤丸印のところです。(画面は書き換え後)書き換えは02→00、10→0Eです。

・11バイト目の値0x02を0x00にすればECC無しになるとのことです。
・63バイト目はチェックサムらしく0~62バイト目まで足し算結果の1バイト分らしいです。なので減った分の2を引きます。


※すべてマシンで同じ状態かわかりませんので、自分の環境に合わせてください。引き算は電卓の16進数モードで計算してくださいね。
den.jpg

電卓は「表示」のところから関数電卓を選んで、16進にチェックを入れます。

※ちなみにうちのメモリは、マイクロン製の256MBが付いていました。友人のも同じ構成で同じ値で大丈夫でしたが、念のため確認してください。

20050605102355s.png

「EVEREST」で書き換え後の状態を確認しました。(書き換えツールからも確認できます)

IMG_8124.jpg

書き換えを確認したら、もう一枚を増設します。
写真のように挿すとデュアルチャネルになります。

IMG_8132.jpg

BIOSからも認識されていることを確認します。デュアルチャネルで起動です。

IMG_8142.jpg

一応BIOSのメモリーのチェックも行っておきます。

後は起動するだけです。

と何とか動きました。作業は簡単ですが、大変危険な作業なので(書き換えを間違えるとメモリが使えなくなるなど)気をつけて行ってください。
※よくわからない場合は、さわらない方がいいと思います。

うちの環境だと、起動時たまにパリティーエラーと帰ってくる場合があります。これは、PCIスロットの方の問題かもしれませんが・・・(起動してからは安定するようなのですが)
ナイコンさんいらっしゃい DELL PowerEdge SC420のパリティーエラー

・SPDの書き換えツールはこちらです。
 (説明は必ず読みましょう。失敗しても文句いえないので、さっぱり忘れましょうね。またリンク先は質問掲示板では有りませんので、質問を書くとご迷惑になります。)
DELL SC420安売りチラシの裏
ソフトの保管場所

・SPD書き換えの詳細をこちらの方が解説されています。
 (非常に助かりましたありがとうございます。)
DIMMのSPDを書換えてメモリの種類を変更する
トップページはこちらです。
tomtia's WebPage

・今回使用したバイナリーエディタはこちらです。
Binary Editor BZ

・EVEREST Home Editionダウンロードページ
 (詳細なシステム情報の表示を行うソフトです)
Lavalys - Comprehensive IT Security and Management
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク