X68000のHDD周りについて(Logitec SHD-U8.4E)

IDE->SCSI変換のHDDを手に入れてみました。

以前購入したIO-DATAの物に続いて3台目です。前のは1台はPC-9801DSに接続。もう一台はX68000EXPERTにつけていました。

 

98に接続しているIO-DATAのは16GBのCFカードに入れ替えて、一応使えています。

30GB搭載の方はEXPERT+MACH2の組み合わせだと、ファイルコピーの時にハングすることがあり使いにくかったです。ハングするとフォルダが中途半端に書かれて、アクセス不能フォルダになったりで困りものです。

 

今回手に入れたのは、ロジテックの物でSHD-U8.4Eと言う型番です。検索するとこれの4.3GBの物で、中身入れ替えで32GBのHDDまでは問題無く使えるようです。

そんなわけで、EXPERT+MACH2用にもう一台手に入れてみました。

今回は、IO-DATAみたいにSCSIのID分割機能が無いので、8.4GBそのままで使ってみました。取りあえずコピーでハングするようなことも無く綺麗にバックアップから戻せました。

X68000で1GBを超えるHDを使うのにGOVERHDを使わせて頂いています。

ファイルコピーはFDXで行ってると、時々ファイルかフォルダ名称の組み合わせなのかで、うまくコピー出来ないフォルダもあったのでLHESでコピーしています。

コピー後ubuntuマシンからまるごとイメージのバックアップを取ろうとしたのですが、このHDDはubuntu側で認識してくれなくて、バックアップが取れていません。取りあえず起動ドライブ周りをX68000に接続したMOで、ノンビリとバックアップしました。

cat20170902105758cat20170902110049

ロジテックのがうまくいったので、IO-DATAの方(30GB)をX68030につなぎました。こちらは内蔵のSCSIの口へ接続です。X68030に接続して再度初期からして、元々接続している変換番長からコピー中ですが、今のところハングすること無く使えています。こちらもID分割を使って16GBを2台にしていますが、2GBずつ取ってもかなりのドライブレター数になるので、半分くらい領域確保していません。無事に使えて良かったです。Mach2の方は変換番長も駄目みたいなので何かと相性有るんですかね~?

cat20170910164042

X68000の容量制限については、さば技研さんの記事に載っていました。

あと、2GBのパーティションだとセクターサイズがでかくなるかで、思ったよりファイルが入らない感じです。X68だとまだまだファイルが小さいのでかなり効率が悪くなってそうです。その他、4GB分くらいのファイルコピーでも、丸々一日かかるって感じですかね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク