IOデータのIDE変換SCSI-HDD HDVS-UMxxGシリーズ

CFをSCSIストレージとして使う変換番長を、その内追加で買おうかと思っているうちに、いつの間にか販売終了となっていました。

こう言う物って何時までもあると思ってたら駄目ですね。まぁ欲しいからって4枚も5枚も気軽に買えない値段でしたが。

 

と言うことで、代替えになりそうなIDEのHDDを内蔵してSCSI接続出来るHDDをヤフオクで落札しました。IOデータの物とメルコの物とロジテックのがあるようですが、IOデータの物は容量が決め打ちじゃ無いらしいので、それを狙うことにしました。今回はHDVS-UM30GとUM40Gと言う2台です。容量が13GB以降は中のHDDの容量が違うだけみたいです。

cat20170318115555

 

このシリーズはMOもHDDも見事にプラが黄ばみますね。

cat20170318123428cat20170318115810

 

このIOデータのドライブですが、13GB以降だとドライブ分割モードがついていて、容量を制限したり単純に半分にしたりしてSCSI-IDを連番で取ってくっれるモードがあります。

cat20170318123454

 

取りあえずXPのパソコンからチェックです。

cat20170318121525

 

diskinfoってSCSIだと見えないんですね。※見えてるのは内蔵のSSDです。

cat20170318122844

 

ファームウェアのバージョンも上げておきます。SCSIインターフェースからのバージョンアップで、XPのカードからは出来なかったので、WindowsMeのPCからやったら出来ました。このあたりはツイッターでフォローしていただきました。

cat20170318221340cat20170318222528

 

今回は、レトロPCにつなぐつもりで、特に98に欲しかったのですが、うちのICMのCバスSCSIボードだと認識出来ませんでした。大きな容量で認識出来る物は、かなり数が少ないらしいです。

さすがに30GBとか必要ないのですが、8GBでは使いたかったですね。

cat20170319090502

 

 

今度はX68000につなぐとこちらは普通に認識してくれました。Mach-2を使用しています。

cat20170319091217cat20170319094629

 

HDDの初期化はもの凄く時間が掛かって2時間くらい放置したらいつの間にか終わっていました。後は領域確保して起動させたいのですが、GOVER使おうとしてる物のうまく使えず・・・。G超えて使うの初めてなので、ちょっと調べないとです。X68もHDDは1GB有ればもう充分位なんですが、昔のSCSIのHDDは何時壊れるか判らないし、何よりむちゃくちゃ五月蠅いので、交換できたらなぁと思います。IDEのHDD自体はCF化することも可能みたいなので、また出っ張りの少ない変換基板とか、3.5->2.5インチの変換コネクタとか探してこようと思います。これで静音化も図れそうです。

cat20170319094637

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク