Macintosh Quadra650のバックアップと電池交換及びメモリー交換

Quadra650の電池切れが気になっていたので、Amazonで購入したパチモン電池を交換です。分解めんどくさい~と思いましたが、金属ガイドがかなり外れにくくなってて本当に面倒でした。手順自体はたいしたことないですね。

cat20170122141149

 

SCSIケーブルは秋葉原のBEEPやケンちゃんで買いそろえたので、くし形の口でも付くようになりました。MAC用のケーブルはAmazonで新品が安かったのでそちらで購入です。沢山持っていたのに捨てちゃうなんて・・・。

cat20170122142146

 

さくさくっとバックアップです。と言っても時間がかかりますね。コピーが終わると「コピー終わりました」ってしゃべったのでびっくりです。昔は細かいとこともカスタマイズ可能でみんないろんなカスタマイズしましたよね。起動画面からアイコンから、それぞれの動作音とか。MacやWindows機のアイコンを自分で変えたりしなくなったのは、Windows2000やOSXになった頃かも。

cat20170122142312

 

メモリーは40MBです。電池交換のついでに入れ替えます。

cat20170122144021

 

電源を引き上げて抜いて、ドライブ類のコネクターを抜いて引き上げたら終わりですが、プラが堅かったり、シャーシから抜けにくくて時間がかかりました。

cat20170122160946

 

電池も交換。これで毎回日付入力しなくて良くなります。

cat20170122165232cat20170122165709

 

メモリーも微増です。今更ちょっと増えたからと言って何があるわけじゃ無いですねw

cat20170122170917

540MBのMOでまるまるバックアップを取って、MOからの起動も確認終わり。後はSCSIのMOをもう2,3台くらい準備したいところです。都度都度持ち回りなので、コネクタ周りがヤバそうな感じですし、SCSIの640MB対応機1台しか無いと壊れたらそれまでなので。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これはまた

出ましたね。IIvi/vx、Centris、Quadra、PowerMacと素晴らしく色んな名を渡り歩いた鉄板筐体。
多分最多でしょう。私も持ってました。68Kが終了してずーっと経ってからLCじゃない68040/33が
必要になったのでドナーとしてですが。試しに交換されたLC040をこいつに入れたらエラーが出て
起動しませんでした。

ところで何故アドレッシングモードが24bitなんでしょうね?
040だからもう32ビットクリーンのはずなのに

No title

この機種ってよくわからないマイナーチェンジとかもあって先日アキバで見たのはトレー式のCDドライブがついていました。3,500円・・・。ドライブだけ欲しかったですw

68000シリーズってもともとそんな感じじゃないですかね。16bitなのか32bitなのかよくわからないとこから始まっていますしで。ロータリーエンジンみたいにカウントの仕方が違うのかなとかw
プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク