「いま蘇る ソフトベンダーTAKERU伝説 ~レトロPCゲームと語る30周年~ その1」

秋葉原で行われているソフトベンダーTAKERU(ソフトの自動販売機)の30周年イベントが行われているので行ってきました。場所は秋葉原のUDX4Fです。

cat20161126130507

 

入場は無料で、トークセッションのみ事前登録が無いと立ち見です。空き席待ちでも結構座れるようなので、長めのセッションなら並んだら良いと思います。フロッピーっぽいメモ帳が貰えます。cat20161126130748cat20161126130751

 

真ん中にTAKERU本体が置かれていて、周りに当時のPCが実機で稼働しています。

cat20161126141729

 

こちらがTAKERUです。J&Pに有ったのは赤い色のイメージでした。バージョンが違うのかな?cat20161126134744

 

中も開いて見れます。

cat20161126133244cat20161126133358

 

タッチパネルは動作しません。と言うかもうこの機械死んでるのか、下にLet's noteとスキャンコンバーターが置いてたので、絵を出しているだけにみえました。

cat20161126141823cat20161126133559[1]cat20161126133434[1]cat20161126133622cat20161126133625

時代が自体なので、凄く大がかりですよね。自分はと言うとTAKERU自体は1回くらいしか使ったことが無いです。やっぱどうせお金を出すならパッケージ版の方がいいかなと思います。今はSteamで平気ですが、当時はソフトウェアの価値の認識が緩かったので、箱やマニュアル自体が無いと何だか安っぽく思えたんですよね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク