MAC互換機 UMAX Pulsar S900の起動確認

MAC互換機のS900を出してきました。こちらも先日の8500と同じくらい古いです。手に入れたのはもっと後でしたが、うちではノートタイプ以外では最後のMACだったりします。

cat20160809145226

 

 

割と状態は良いまま残ってくれました。汚れも拭いたら撮れるような物でした。起動も問題無く行えて、CD-ROMドライブも稼働していました。アプリ類がPM8500より古めなのが気になったくらいかな。ただこちらもデータ類は特に入っていませんでした。クアドラ650もあるので、その頃の環境が一番活用してたと頃だと思います。

cat20160809145242cat20160809145727

 

S900もそれなりに手を入れていてCPUはG3の450MHzで、メモリーは128MB×2の256MB搭載しています。HDDもIDEのカードを入れて40GBです。8500と同じくSCSIのHDDは電源を抜いてバックアップ用にぶら下がっていました。グラフィックカードもRadeonに入れ替えて、USBカードやLANカードまで刺さっていました。PCIスロットは癖があるタイプだと思いますが、問題無く動いてるようです。結構Systemバスって早かったんだ。680x0の時代とは違いますね。

cat20160809145820cat20160809150311

 

電源も交換していて、ATXとの変換ケーブルを入れています。今更探すと大変なので、自分の事ながらツボを押さえてるなぁ~と。

cat20160809160620cat20160809150940

 

APPLE印のチップも載ってるんですね。この頃は、まだまだ部品が大きいですよね。それぞれのチップが分厚いし。

cat20160809154057

 

こちらはCPUカードです。Dualに出来るのでスロットが二つありますが、この頃のDualはどの程度の効果があったんでしょうか。

cat20160809155024cat20160809155131

 

後ろの端子類です。LANカードとか刺す意味があるのかよくわからないけど、偶々AT機と両用のが余ったからかな・・・。元々のが10BASEのとかだったかな。

cat20160809163714cat20160809163718

そういえばMAC用のSCSIケーブルが見つかりません。2本は確実に持ってたはずなのに、ケーブル箱2時間も捜索したのに出てきませんでした。先日見つけた外付けのMAC用HDDに当時のデータ類が入ってそうなんですが・・・。捨ててないはずなので、もっと探してみないと。

 

この後、内蔵のHDDの40GBを160GBの物に付け替えて40GBの保存用として取り外しHDDの棚に。

何かと当時のドライバー類が行方不明になりそうなので丸ごとバックアップが良いですね。

IDEのHDDが、もう絶滅危惧種なのが今後問題になってくるかな。

内蔵電池も死んでいたので、こちらはAmazonで安いのを注文。届いたら交換してみるかな。S900でもめんどくさい位置にありますが、8500よりはマシそうなので。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

互換機なつい。
でもG3時代もあったんだ。知らなかった(そのころは普通に買ってたから)。

No title

この互換機はベースがPM9600なんですよ。形こそ違えど中身はほぼそのままです。
ベアボーンみたいな感じで、ショップごとにカスタマイズされたモデルが出回っていました。

ピザボックスみたいな6000系のが欲しかったかな〜。
この後のポリタンクは結局買わないままです。

今のデスクトップMACはとてもじゃないけど変えないですね。ミニも拡張性とかないしで。

互換機の時代が懐かしい

おー、AT互換機電源。これポリタンク一号(G3 B&W)の時ぐらいに流行ったんですが、
自分はポリタンクはG3だけ端折ったので流行に乗り遅れ&G4電源は電源安定だったので
スルーしました。ケーブルだけでも手に入れておけば老後の楽しみになったかも。

互換ボードはCPUスロットが2器で元のCPUが無駄にならないという触れ込みでしたが、
G3時代はG3自体がデュアル駆動非対応だったですねー。まぁ604ex2発より同周波数の
G3一基の方が倍ほども速かったですけどね。604e時代のDPは気休め程度でしたけど、
一応15-25%up程度の効果はありました。高負荷作業時には。

USBとか100BASE-TXのカードは丁度この頃から安いAT互換機用がMacのPCIでも使える
ようになったので私も数枚入れましたが、VIAのUSBはまだしも当時新興メーカーだった
と記憶しているカニチップの100BASE-TXが負荷に全く耐えられず、即座に廃棄してDEC
だったかINTELチップの奴にしました。確かDITの製品でしたね。WG Serverで試してから
他のPCI搭載機にも入れました。

結局自分は互換機は市場崩壊後にUMAXだったからPerformaっぽいボードのC500とかいう
小型の筐体モデル(AKIAの液晶バンドルモデルの元)のだけベアボーンみたいな状態で買って
ちょっと遊んだだけですね。Pioneerのスピーカー特化した変態モデルはちょっと欲しかったw
けど、その後中古で20th Anniv Mac買ったので、オーディオ特化はどうでも良くなりました。

No title

ポリタンクはメンテナンス性も良かったので、欲しかったのですが、自分が東京に出て転職など、一気に居住環境が悪くなり(1/3サイズかな)大量にPCなどなどを廃棄せざるを得ない時期でした。
S900は大阪に荷物を残しつつの時で、友人経由でゲットできました。ポリタンクどころかCubeも大福も触っていないんですよね~。G5辺りは拡張性も良かったので欲しかったですが、Intelタイプのあの形のまで次回のバージョンアップで見捨てられるんですよね。

この頃のDUAL環境は全く知りません。効果があるのか無いのかも。MACはLCIIからクアドラ650に成ったときが一番早くなったなと思いました。8500も早くなったハズですが劇的な感じはしませんでした。そんなころにDUALなんて、もの凄くお金掛かっていそうですね。

LANカードのチップは見てないですが、うちのはカニだったかもです。Intelチップのとか高かったのでパチモンすら買ってないです。

Pioneerとか偶に今でも話題に出ることがありますよね。よくぞPCなんて出した物です。にしてもAnniversary買うとかもの凄いですね。今でも値段ついて売ってるという。あの巨大なウーハーみたいなのが無いと電源すらママら無いんですよね。一度でも欲しいと思ったことが無いですよw
プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク