モノクロブラウン管モニター

奥からブラウン管モニターを引っ張り出してきました。10インチのモニターで、買ったときはSCSIオンリーのCD-R専用機用に買いました。レトロPC系のイベントや秋葉のレトロ系PCを扱うショップで、今更ながらブラウン管モニターを見直して感心していました。
カラーについては液晶が綺麗でもまた別次元の表示の美しさが有りますね。


2000年くらいの写真も掘り出してきたらブラウン管だらけですね。対戦ゲームも丁度やりまくってたのでモニターもPCも山盛りです。自分の中では一番の全盛期でした。


X68やβのSL-2100もありますね。写っている自作機は全滅しています。





AV機器もお金掛かってました。残骸は今も少しありますが・・・。

で、本題のモニターです。10インチと小型だったのが救いで生き残れました。SVGAまで対応ですが、リフレッシュレートは低めです。Windows7から無理に入れて見ましたが、時々画面サイズが変わってしまいます。コントラストを調整したらかなり綺麗に見えるようになりました。

ブラウン管でもモノクロはまた違った趣できめが細かいです。まぁ液晶みたいなエッジは無いですが、独特の綺麗さがあると思います。モノクロだとやっぱ厳しいかなと思った物のカラーの物を移しても悪く無い感じです。Windowsとの相性はもの凄く悪い感じですが、CUIなら問題なしです。








言ってる間に壊れてしまうと思うので、もう少しだけ楽しんで思い出に浸っておきたいと思います。

スポンサーサイト

tag : モノクロ ブラウン管モニター

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク