マイコン・インフィニット☆もみじ狩り PRO-68K その4

こちらでは、初代PC-9801(8086 5MHz)と最後の98である、PC-9821Ra43(Celeron466MHz)の展示です。ボコスカウォーズの速度比べとかやっていました。それでも動くこと自体が凄いですよね。

cat20151122113617cat20151122113245

 

前田さんのブースでは、JR-200とSMC-777CとX1 TurboIIIの展示です。

cat20151122111835

 

特にSMC-777Cの解説をして頂き、当時はアーケードゲームメーカーの開発機に使われていたとか、またソフトが無いことが売れないことが判っていたので、マニュアルを凄く丁寧な物にしたとからしいです。実際マニュアルを見せて頂きましたが、細かい情報までかなり掲載されていました。

cat20151122112155cat20151122112238cat20151122112414

 

画面が映せなかったらしいのですが、端子を見せて頂くと、こんな謎仕様ですね。コネクタを手に入れるところからめんどくさそうです。

cat20151122112648

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

JR200

懐かしいですね。
当時JR100がすごく欲しかったです。なんというか機材として可愛いというか、いい感じだったんですよねえ~。

No title

JR100とか旬な時期が短かったですね。自分は店頭でこれを触ってた人中学生くらいの時に仲良くなったのですが、その後判らなくなってたのが、社会人になってまた再会して、その後もまた遊びまくってた思い出があります。
プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク