MDT121X(三菱マルティメディアモニター)

部屋の片付けをしていたら、バラバラだったモニターの構成部品が集まったのでX68に付けてみました。確かこのモニター買った随分後に、対応周波数が広かったとかなんとかあったなぁと。

検索しても同時期に出た15インチの方の情報ばかりで、こちらはちょっと情報が少なかったです。

cat20150315154143

で、早速接続。さらに自動調整したらこんな感じで、真ん中に綺麗に切れることも無く収まって映ってくれました!X68Kの画面ってホント映っても切れてたりで、中々良いのが無いのですが、これはホント綺麗に収まりますね。

cat20150315151454

認識してるモードは確かに変な感じです。800*600のモニターなのでドットバイドットでは無いのですが、充分綺麗に見えます。

cat20150315151505

液晶本体は薄っぺらいのですが、本体はアナログのテレビチューナーとか付いています。コンポジットやS端子もあって音もモニターから出たはずです。と言うのも当時こたつ用の自作AT機用に購入したので、テレビとかゲームとかつなげたこと無かったはずです。

cat20150315151545

 

PICファイルもMAGファイルも変な比率になったりせずちゃんと表示してくれました。

cat20150315151645cat20150315151721

 

ゲームはまた31KHzでも微妙なので位置が微妙ですね。

cat20150315151811

 

15KHzも入るのですが、グラ2はこんな感じで小さく表示されます。リモコンに画面サイズってボタンがありますが、押すとさらに小さくなりました。認識も16KHzとか微妙な表示ですね。

cat20150315151931cat20150315151939

 

と言うわけで、扱いが雑なので綺麗な状態とは言えませんが、以外に使えるモニターかと。もっともIPSとか以前に色は薄めだったりとかですが、X68で見る限り致命的では無さそうです。またメガドラとかもつないで試してみようかと思います。

cat20150315152201cat20150315152448cat20150315152509

背面はこんな感じでVGA端子とアンテナで、モニターに専用ケーブルでつなぎます。引っ越しを繰り返してるうちに、台だけ見つかったとか液晶有るけど本体ユニットがないとかで、最後はリモコンが発掘されたので映すことが出来ました。

cat20150315152538

小型モニターなので、かろうじて捨てられずに生き残りましたが(これより後の24KHzが映る15印ととか捨てまくってしまいました)大事に使うと言うより寿命も近そうなので、動くうちに使っておきたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク