昔のBaby-ATマシン(ASUS P5A-B+K6-III)をパワーアップさせていきます。

自作を初めて2代目のケースのPCです。MMXPentium(166Mhz→200Mhzで使用)を搭載したマシンでStartしましたが、数々の変更で最終的にはソケット7で終了しました。AT機は3台持っていましたが、唯一の生き残りです。Youtubeのネタとしてシリーズ物としてやってみようかと。

cat20141101135619

久々に出してきたのがこれです。かなり黄ばんじゃいました。

ASUSのP5A-Bという電源はATXも使えるタイプのM/Bです。ATXもそれなりに出ていた時期の物ですね。

cat20141101135742

エンブレムも当時流行ったやつで取れかけてますね。

 

前からだとわかりにくいですが、後ろはもろATです。キーボードやらシリアルパラレルがATXと違いますね。

cat20141101135816cat20141101135903

端子類はそれなりに錆びてます・・・。

 

中を開けると錆びてるところも無く綺麗でした。IDEはUltra66のカードが刺さってたり、グラフィックカードはカノープスのSpectra5400と言うRIVA TNT2の物です。後は有線LANと音源です。音源はサウンドブラスターではなくRemix2000と当時瞬間的に話題になったのが搭載されていました。

cat20141101140319

ATX電源の上がAT電源の端子です。ケースのスイッチはATからATXの物に付け替えています。

cat20141101140416

ボタン電池も交換しました。

cat20141101141042

 

で、スイッチを入れたのですが、ランプが付くだけで起動しません・・・。次にメモリーを差し替えます。ついでに手持ちのメモリーとも交換してみます。元々256MB搭載していましたが、128MBまでしか認識してくれなかったので。動画では256MBまでですが、次回はさらに増やしています。

cat20141101151814cat20141101141846

これで起動が出来ましたが・・・

次はHDがお亡くなりです。これはどうしようも無くてUSB接続で吸い出そうともしましたが異音がして全く駄目な状態でした。残念。パワーアップ前の状態を計測したかったのですが・・・。

cat20141101141557

cat20141101143132

で、代替えのHDを出してきました。最初色々忘れてたのですが、このM/BかUltra66の制約か120GBまでしか認識してくれませんでした。色々忘れてるので、リハビリに良い感じです。

 

取りあえずここまでの動画を掲載しています。


スポンサーサイト

tag : ASUS P5A-B K6-III Baby-AT IDE

コメントの投稿

非公開コメント

おお、きちんとキーボード端子がATですね。今回のバージョンアップに縛りはあるんでしょうか?CPUとマザボは変えないとか。

No title

今回は手持ちの資源で何とかやろうかと。さすがにカード買いあさったりするほどじゃないので。ATの最後はslot1までは出てたと思うけど、やっぱ限界はあるしね。

ひょっとして、USBついてます?珍しいな。

No title

USB付いてるよ。でも1.1なのでキーボードとかマウス用かな。この辺りも変えていこうかと思う。
プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク