Intel in Akiba 2010 Summer



秋葉でIntelのイベントがあったので、見てきました。
COREiシリーズのイベントみたいなものです。


まだまだIntelはお金ありそうですよね~。



ベンチマークはi7の870とE6600が比較されていました。エンコードやらは倍以上の差がついているのですが、どちらもWindows7で、しかもE6600の方が1Gのメモリーでi7が4Gなんですよね・・・。このハンデは大きいような。せめてメモリーの搭載量はあわせて欲しいところです。


出てきた時は割と話題でしたが、最近はあんまり見向きされてないようなARです。COREiシリーズでもやっぱショボイCGとの合成です。合成してるかどうかも判らないようにならないと、本格的には流行らない気がします。


ASUSの3Dノートが展示されていました。先週の自作系のイベントには無かったな。そこそこ動いてるのでいいのかもですが、この3Dブームってやっぱ一過性ですぐにあきられそうな気がします。ファミコン時代もいろいろあったのに結局無くなったし。やっぱこれもメガネが邪魔かな。



プロセッサーや、SSDなどなど話されていました。アムロもいいお年なのに、声はやっぱそのままで良いですね。


オーバークロックも今回の方が本格的・・・。というか一般人じゃこんなの用意出来ないな・・・。



コンパニオンも大量配置とか、お金かかってるね~。


で、抽選もやっていて、ハズレですがミニ扇風機とボールペンでした。
スポンサーサイト

テーマ : 電気街
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

何故だかぱっとしないね。
人盛りだくさんって感じでもないし(いや、たくさんいるけど)
アムロは大分声力が・・・

売りが、早くなりましたくらいですからね~。PCってキラーコンテンツがあまり無いのと、7割がノートPC買ってる時代なので、デスクトップPCのCPUじゃアピールしても苦しいかもと思います。

アムロはすでにお父さん通り越していますね。声より見かけがそろそろ。
プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク