Pinon(超小型PC)を組み立てる

T-ZONEで処分価格で放出されていた、Geode LX 800@0.9Wの載ったベアボーンキット?を買ってきました。
7,980円と破格です。



Sizukaシリーズとして売られていたスタンダード版です。GeodeLXの500Mhzで、486がそのまま500Mhzに成った程度の性能しかないと思われます。
オンボードでメモリーが256MB搭載されています。


今回はつけっぱなしの、省電力静音としたかったので、CF-IDEのアダプタも一緒に買ってきました。CFは遅くても上げっぱなしなので、気にせず余り物にすることにします。


本体には、LANや音源、VGA出力が付いています。マウスと比べてもこれだけ小型です。


ACアダプターも非常に小型です。PC110のより小さいかもです。小さい分出力が低くて、USB端子が有る割には、バスパワータイプのものだとかなり厳しいようです。


さっそく組み立てですが、一気にこんなにネジを外さないと駄目です。


開けてみると、CFスロットが・・・せっかく買ってきたのに・・・。しくしく


とりあえず、刺して起動です。


無事認識されているようです。


BIOSでCDブートに変更してOSのインストールです・・・。が、起動してくれません・・・。USBの配置を換えてみたり、キーボードなどを電源付きUSB-HUB経由にしてみた入りしましたがどうも駄目です。


手持ちのUSBドライブは一台しかないので、とりあえずあきらめです・・・。
また、予備のドライブでも探しに行きますかね。

もしくはUSBメモリーでも起動出来るようなので、そちらで試してみるのもありかもです。
時間の都合で、今日はここまでです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スリムドライブの外付け、パナ製だけでも二台持ってます・・・。なんとなく起動用はパナかな。安心感があって。
それ以外のもありますけど、以外によかったのはGREENHOUSEのIDEtoUSBコネクターと
内蔵用5inchドライブ。安い、早い、基本的に起動で使える、バスパワーじゃない点は難点だが困ったことは無いと。
nForceでこんなコンパクトなのでないかなぁ・・・。
ネットブック用の中身を・・・と考えたらネットブック買えばいいじゃないかと思ってしまった今日この頃・・・。
せめてLANが二個ついてたらなぁ・・・

Koukさん
その手があったか!と手持ちの何処のかわからないIDE変換ケーブルで試してみましたが、やっぱだめでした。最初のとっかかりで引っかかるとなかなかやっかいですね。BIOS表示マシンに成り下がっています。
ケーブルは、光学ドライブ対応を謳ってるのでも探してみます。

駄目ですか。
なんか調べてみると他にも起動できないという話が・・・。
で、USBメモリーでインストールしたらいいんじゃないかと思い検索。
XPだと
http://project-r.org/eeepc/xpinst-from-usb/
Vistaや7なら
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1155diskpart/diskpart.html
実は家のサーバーの2008はUSBメモリーでインストールしました。diskpart使う方法(Vistaや7の方です)のが簡単です。
しかしメモリーから考えるとやはりXPですね。

おお、USBインストールですか。これは良さそうですね。ありがとうございます。
とりあえず、今日のところは準備して寝ます!

USBインストールしたLinuxでも入れるかなんて思ってましたが、用途としては、Windowsが良かったりします。

また、結果は続編にしますね~。
プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク