TV用PCのさらなる改良

とりあえず、パーツを買ってきたので設定しておきます。


前回整理したとは言え、M-ATXのケースなのでキュウキュウ気味かな。




今回録画した物を再生する際に、CeleronDualのE1200(1.6Ghz)くらいだとts再生がぎりぎりかもしれないので、E5200を買ってきました。製造プロセスも進んだタイプで2.5GHzですが、E1200よりも省電力だったりします。
↓ここの消費電力参照
Intel新CPU、Q8200とE5200をオーバークロック:ITpro

どうせならE7xxxクラスにすれば処理速度的には安心なのですが、PentiumDualってのも一つくらい有ってもいいかなとこれにしました。値段は6,980円です。千円上げるごとに100MHzくらい早いのタイプがありますが、省電力優先にしました。

CPUクーラーは定格で使用するので、付いてた物を使用します。写真の奥の方はq9550に付いてた物です。銅とか無くなっていますね。高さは同じくらいでした。





PT1は、まぁ詳しく書きませんが、知ってる人は知っているでしょう。スタンバイからの録画も問題なく動いているようです。とりあえず、家にころがっていた分派器が2つのしかなかったので、片方のチューナーしか使えていません。4つの分派器買ってこないと。

これで、残すところはBDくらいですね。

環境整えておいてなんですが、自分ってほんとテレビを見ない人なので環境そろえても結局見ないと言うオチが・・・。最近テレビ見ない人も多いみたいので、いいっか。
スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク