テラステの修復(Disk交換)

Diskが壊れシステムまで道連れに壊れていたテラステですが、前回ファームの入れ替えで何とか起動できるところまで来ていました。
ただ、RAID構成が保たれていない状態でしたので、交換用のDiskを購入です。保守パーツを買うと高いので、ドライブをバルクで買ってきて入れ替えです。



まず蓋を開けます・・・。が、鍵が行方不明なので、左上の方を思いっきり引っ張れば開きました。閉まらないですが・・・。







取り出したDISKはWDの400Gの物です。バルクで400Gの物が売り切れてたし、値段も余り変わらないので、500GのDiskを買ってきました。
500Gを後3本買って初期化すれば容量を増やすことも出来ます。ただ、最近Diskを買いすぎで、空っぽのDiskばかり増えているのでとりあえずはこのままにします。
取り出したDiskは埃をはらっていますが、もの凄い事になっていました。



刺せば認識し、復旧可能のようです。





リビルドも始まりました。
リビルドは結構時間がかかります。



エンドユーザー向け保証確認
WDで保証が効くか調べましたが、一度Buffaloに出されているために保証自体はbuffaloが行うようになっていました。バルクの方が保証が長いのが何とも。

とりあえず、復旧しました。最初からこれで良かったのかも。ファイルサーバーが巨大です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク