Geforce8800GTS(320MB) + SoundBlaster X-Fi

SC420には、Geforce6800GTをつけていますが、75w以上なのでFANをつけなさいと言うメッセージが毎回出て面倒です(F1キーを押さないと立ち上がりません)

また、24インチモニターでゲームするには256MBのGeforce7900GTのAthlon64マシンも、ちょっと力不足気味です。

と言うわけで、2台を調整するためにグラフィックカードを買うことにしました。7950GT(512MB)くらいを考えていったのですが、7950GTが秋葉を回ると31,800円でした。今回買った8800GTSは、39,800円です。値段差が少なかったので、ついつい新しいものに・・・<Vistaマシンに乗せる訳じゃないんですが・・・。


箱はかなり巨大です。<たいした付属品もないんですが。



2スロット占有します。消費電力は7900GTに比べるとずいぶん必要なようです。
重量感もありますが、スロットカバーがクロームメッキされていてちょっとだけ高そうです。<どうせ埃まみれになるのでどっちでもいい部分ですが・・・。


分厚いだけでなく、カード自体が長いので、チップセットとすれすれでした。

後、X-Fiをなぜ買ったかというと・・・
Athlon64マシンは、未だ64bit版のWindowsXPです。Audigy2ZSのドライバーのバージョンをふと上げようとすると、二度とインストールできない状態に陥りました。何度も消したり入れたり繰り返したのですが、すっかり疲れたので、お金で解決しようと・・・。



11,800円もしたのに、微妙に安くさい感じです。Audigyから比べても、ちょっとあっさりしています。


とはいえ、サラウンドスピーカーにつなげると、BF2142なんかは音が一気に増えて驚きました。早めに買えばよかったかも。

8800GTSはBF2142のUXGAでも、そこそこ耐えれるような感じです。(絶えずヌメヌメ動きはしませんが)

SC420改の6800GT→7900GTも、思ったよりVistaのAeroがスムーズになりました。音源もドミノ移植でAudigy→Audigy2ZSに変更しています。

また、時間が出来たらベンチでもとります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク