ロジクールのゲーム用コードレスレーザーマウス「G7」

へのさんのG5に続き自分の買ったG7です。
基本的にG5のコードレス版ですが、重りでの重量調整は効きません。


パッケージはこんな感じです。


添付内容は、写真の通りです。

バッテリーは2つ付いています。一つで連続7時間なので、短めみたいです。長時間連続の人ヘビーな人には2つ必要なのは当然かもです。自分も、昔なら必要だったと思います。

マウス表面はG5と違いつるつるタイプです。
バッテリーはUSBの延長と兼ねている充電器で充電します。


ドライバソフトはWindowsXPのx64にも対応しています。これが唯一の心配事でした。実際は、付属でなくWeb上の最新版を使うことになりますが・・・。


マウスは以前使っていた物より、少し大型化します。
ただ、思った程大きくなく使いにくいと言うことは無かったです。
(自分は手は小さい方です)



背面は、こんな感じです。
起動時は、電源スイッチの上に有る緑のLEDが光ります。
レーザー光線は非可視光線となっているようですが、のぞき込んだら見えます。写真では紫色ですが、実際は赤色でした。(FujiのF10では撮影できましたが、キヤノンのIXY DIGITAL Lではどうやっても撮影できませんでした)

以前のは、今時まさかのボールタイプを使っていました。
バッテリーはG5の重りを入れるところにセットします。



G5と同じく解像度表示と、バッテリーの残量が切り替わって表示されます。ふわーっと消えてふわーっと点くって感じです。




で、使った感じですが、以前はボールと言うこともあり、対戦前にまず掃除からでした。また、大きな動きを素早くするとボールがはねて反応してくれないことも有りました。当然、こう言ったことは全く無くなりました。マウスの重さはバッテリーが乾電池より軽いし、ボールが無い分マウス自体もかなり軽くなりました。

戦闘中、戦車などで大きく動かすときに解像度を切り替えたりと便利な感じです。(砲台ぐるぐる回したりしやすいです)
またボタン自体も増えているので、武器切り替えもスクロール部分の横に割り当てて快適です。

ワイヤレスなのでスリープが有りますが、復帰も凄く早くゲームに影響が出るほどのラグは感じませんでした。

ただ、以前の物に圧倒的に精度が上がったかというと、こんな物かなぁと思います。コタツの上で使っていたので、LEDタイプだと微妙に反応が悪かったりするのですが、ボールのだった為大きな動きの時とゴミが詰まっていなければ、それほど問題ではありませんでした。

もっとも、今回のは不都合らしいところが無いので、ゲームの腕をマウスの責任には出来ない位、完成度の高いマウスだと思います。


ロジクール、最大解像度2,000dpiのレーザーマウスなど
スポンサーサイト

テーマ : 周辺機器
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク