PentiumIII-Sマシンの再整備

Sound Blaster Audigy 2 ZSをAthlon64マシンに付け替えたので、音源無しで転がっていました。



とりあえず、余り物のLive!を装着することにしました。



アンプ(スピーカーセット)は、同じくクリエイティブの物です。昔モニターで当たって貰いました。クリエイティブのページに、紹介文もクリエイティブのページに載っていた過去が・・・。



ついでに、先に解体していた別のP3-Sマシンに付けていたCPUファンを移植します。



これが、今回付け替えるマシンです。CPUファンは、最近の物に比べると小さいですね。このマシンちょっとうるさめなので、少しでも静かになればなぁと。



久々にTualatin. を見ました。1.4Ghzの方です。



こちらは1.26Ghzの方です。



大きい物に変えるとキュウキュウですね。
音の方は、GeforceFX5900がやかましすぎて、どうしようもない感じです(´Д`;)

Pentiumiii-Sマシンは、去年までは思いっ切りメインマシンでがんばってくれたのですが、一気にP4やAthlon64の高速機が来たのでさすがに厳しくなりました。

長年OSなどもアップグレードで引っ張ってきたので、一度現行機にデータ類を移動して、綺麗に入れ直して行こうかなぁと思います。


スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク