SC420→D8400のM/Bに換装(取り付け編)

取り外した、SC420のM/Bから8400のM/Bにパーツを付け替えていきます。



CPUを付け替えます。LGA775をさわるのは初めてでした。レバーを上げたらカバーが取れるので後は差し替えです。CPUの向きは、間違わないように切り込みが入っているので簡単です。

しかし見事にCPUがひっくり返ったようなスロットですね。





ヒートシンクも丈夫そうながついています。とりあえず元々ついていたグリスを綺麗に拭き取っていきます。取り付け時に再度グリスを塗り直しています。



メモリー(SPD書き換え)、CPU、ヒートシンクのところまでを取り付けて、本体に組み込むことにしました。一応ヒートシンクの向きは合わせていますが、逆向きでも、つきそうな感じです。
(組み込んでからだと面倒そうなパーツを先に付けています。)

M/Bを差し込むときは、逆の手順で押し込むだけです。
(入れるときは簡単に入ってくれました)



音源内蔵なので、今回はグラフィックカードのみ挿しています。
カードも心配なく使えます。



バックパネルはこのように変わります。USBの端子も増えて良い感じかと。
(前面のUSB端子も使えます)

※にしても写真イマイチですいませんFinepixF10って近距離のピント合わなすぎ・・・
スポンサーサイト

テーマ : DELLのパソコン
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク