DELL SC420のPCIeスロットを削る

とうとう自分のSC420もスロットを削ることになりました。
先人達が、削りまくっていたおかげで、困ることは有りませんでした。



道具は、友人のへのさんと同じセットのようです。あきばおーで1,100円ほどだったかと。



後ろの方を切り取る方が楽だと言うことで、こう先で行こうかと思いました。



が、イマイチヒートシンクやらケースのガワがじゃまでイマイチ削りにくいです。M/Bをちゃんと取り出さないと駄目かなぁと言うところですが、面倒なので作戦変更です。



細い先でも行けそうなので、こちらにすることにしました。



とにかく削り始めます。先端がM/Bを取り外さないと暗くて非常に見にくいです。(写真では明るそうですが、実際はかなり見にくいです)



ちょっとためらい傷が出来ていますが、削っていきます。真横に進んだり、斜めに倒してみたりと、無理に突き進まないように行きます。
※このドリルイマイチパワーが無くて2,3分も使うと勢いがないので休み休みになります。



約2時間は優にかかりましたが何とか開通しました。





挿してみると1発で合格です。ぴったりはまりました。
そこの方に若干山が残っていましたが、真っ平らにしなくても良いみたいです。



組み上げて起動です。



無事に認識して、ドライバーを入れて完了しました。

↓このマシンの改造後の環境・ベンチ結果はこちらです。
ナイコンさんいらっしゃい DELL SC420+Geforce6600GT

↓友人達の改造記はこちらです。
ナイコンさんいらっしゃい DELL PowerEdge SC420 PCI-Expressスロット加工(改造)
ナイコンさんいらっしゃい PowerEdge SC420 PCI-Expressスリット除去(改造)
スポンサーサイト

テーマ : DELLのパソコン
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

考え方は僕と同じだったようですね。
僕も最初グラインダーで削ろうかと思いましたが無理そうなのでcatさんと同じのを使って削りました。
うまく行ってよかったですね。

参考にさせて貰いましたよ。バッテリーがイマイチ弱いのかかなり時間がかかってしまいました。

パリティーエラーも先に対策しておいたので動画も問題ないようです。
後はメモリーさえあればいっぱしの対戦マシンに出来ますね。

バッテリーは最初から駄目だろうと思ってACアダプター繋いで作業しました。
でもパワーが無いのはどうしようもないので削るのに時間かかってしまいますね。

ちょっと充電しては使いって感じになりますよね。
本来のときは結構パワーあるのに。

これって次ぎ使うころには、駄目になっているかもですね

SC420で買った当初からブルースクリーンによくなるのですが、OSはWin2000PROです。 弟に勧められて買ったのですが、自分で対処しきれません。ブルーになったら、全てが消えるのでどのようにすればよいか、教えてください。メモリは500に上げました。DELLの人もWIn2000ではOSが推奨してないのでお答えできないと言われました。PCとして使いたいので何かお分かりでしたら教えてください。

モリさん、こんにちは。

ブルーバックには、どのような文字が表示されていますか?

もし、スロットに音源カードなど何かのカードを増設されていると、
↓こちらの記事に上げた方法で直るかも知れません。
http://x68000.blog1.fc2.com/blog-entry-107.html

方法がややこしければ、一番下に有るようにレジストリファイルを一気に書き込むのが一番確実となります。

それ以外ですと、ブルーバックに書かれている内容によって違うと思われます。
立ち上げ途中の場合になるのか、しばらく動いてからなるのか等、もう少しだけ詳しい情報を頂ければと思います。

プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク