DELL SC420のパリティーエラーチェックを無効化

SC420を使っていてパリティーエラーが表示され停まってしまうことが有ります。



この写真は、友人のへのさんのSC420になります。
ムービーを再生すると、しばらくしてこのエラーが出るそうです。

ナイコンさんいらっしゃい DELL PowerEdge SC420のパリティーエラー
うちの場合は、上記のリンクのように起動時に表示されていました。(自分の場合、音源をサウンドブラスターLIVE!から変えると再現しなくなってしまいました)

そこで、情報に有ったようにPCIやPCIeのパリティーチェックを無効化してエラーが出ないようにしてしまいます。

WPCREDITというツールで書き換えを行います。

H.Oda!'s Home Page
ツールは、こちらです。

DELL SC420 PCI-E 動作確認まとめ
修正箇所はリンク先の方のページに書いてあります。



WPCREDITを立ち上げ、対象のデバイスを選択します。



PCI-Expressのカードはbus#0 dev#1 ID.8086 2589のPCI-PCI Bridgeになるそうです。
16bit表示に変更します。



反転している部分が、0107になっていますので、0007に変更して保存します。対象箇所をダブルクリックすすると下のところで変更できます。(SETボタンを押すと反映します。)


自分の場合はPCI-Expressのカードが刺さっていませんでしたのでPCI部分のみを変更してみます。


VGAカードは元から0007でした。





音源の方を書き換えます。(上が書き換え前、下が書き換え後になります)

で、これでムービー再生などを行いエラーが出ないか確認します。
出なければ、この修正で直りますが、このままだと再起動後に元に戻るので、起動時にセットするプログラムを使って、修正します。

WPCRSETと言うツールになります。
場所はこちらからダウンロードしてください。
WPCRSET(Windows95/98/Me/ハードウェア)

最初のリンクにも有りますが、この方の発言に有るように。
点線部分をメモ帳でも開き、例:ecc.regとかのレジストリファイルを作成し、ダブルクリックして反映させます

from: .kk ・ 2005/05/22 12:38 AM

ご縁が有馬様の説明をPCI-E x1本 PCI x3本すべてに適用すると、
具体的にはこのような設定になります。
-------------------------------------------------------------------------
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WPCRSET\Parameters]
"Reg00"=dword:00080500
"Reg01"=dword:00e00500
"Reg02"=dword:00e10500
"Reg03"=dword:00f00500
"RegCnt"=dword:00000004
"Start"=dword:00000001
-------------------------------------------------------------------------
WPCRSET導入済みの方は、このまま結合してサービスを開始させるだけでもOKです。



後はWPCRSET使って反映すれば、起動時に設定されます。



とりあえず、手っ取り早く設定する場合は、上の方の設定はぶっ飛ばして、WPCRSETで設定すれば、全部チェックが外れるのでおまじないがてら、設定してしまっても良いかもしれません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク