IO-DATAのSCSI→IDE変換HDDをCF化

以前も紹介した、SCSIの外付けHDDで中身がIDEのHDDタイプをCF化してしまいます。40GBの容量だとうちの98のSCSIカードで認識出来ませんでした。
cat20170415121027

 

早速ばらします。

cat20170415121441

 

3.5インチのIDEコネクタが付いたCF化基盤です。Amazonで300円しなかったです。が・・・刺してから気がついたのですが、HDDの基盤側はメスで、こちらもメス同士という悲劇・・・。16GBにしたのはこのHDDはIDを2つ割り振れるので8GBのSCSI-HDD2台に見せることが出来るからです。

もっと後期のだと4台に見せることが出来ます。

cat20170415122206cat20170415123053

 

気を取り直して、今度は3.5インチのIDEを2.5インチに変換する物と2.5インチ用のCF化の変換基板でチャレンジします。端子のサイズ変更の物は全部ピンが出ているし、HDD側は全部穴が空いてたので、表裏を間違わないようにです。

cat20170423122449cat20170423122903

 

なんとか刺さりましたが・・・。電源部分が結構無理しています。CF化基盤が16GBのカードだと認識し無い物や、LEDのアクセスランプがつかない物とかもありました。変換名人って奴は収まりも良く16GBも認識してランプもついてくれたのでこれにします。

cat20170423123057cat20170423124604cat20170423171951cat20170423172027

 

98からフォーマットしたら使えました。ただ、起動がもの凄く遅いです。4,50秒画面真っ暗画面になってから起動する感じで、立ち上がりに時間がかかります。立ち上がってからは速度に問題無さそうなのと、ファンが無いので、HDD自体が無音で静かになりました。ちょっと惜しいなぁ。

cat20170423125942

スポンサーサイト

ヤフオクで売られていた、MSXのRGB用シンクセパレータケーブルを落札しました。

MSXの21ピンのRGBケーブルは有る物の、うちの15kHz対応のX68モニターやLCD-8000VなどはVGA端子だったりで、そのまま刺さらない&複合同期信号に対応してないので、同期信号の分離回路が必要でした。以前パソコン通信の友達に作って貰った(もう20年以上前ですが・・・)のはメガドラ用で、MSXだと電力不足からか動きませんでした。

 

で、今回落札したのはこんなタイプです。USBで電気を供給しているようです。出品されている方は、ずっとこのタイプのケーブルを作られていたのか、今見ると需要が減ってきたので今度が最後にしますと書かれていました。自分でこういった工作が出来ないので助かりました。

cat20170405200849

 

MSX側の端子です。

cat20170405200916

 

基本的にX68のモニターとして作られているので、昔の15ピンの端子です。音声も繋がっていてモニターから音も出ました。

cat20170405200922

 

パナソニック系のMSXでテストされているとの事でしたが、SONYのF1XDmk2でも使えました。

cat20170405201129

 

と言うことで、X68のモニターで綺麗に映ります。

cat20170405201441

 

ここからは保証外ですが、プロジェクターにもつないで見ました。2台あってどちらもVGA入力は、15kHz対応と書かれていました。先にACERのK10と言うプロジェクターにつないで見ましたが、画面が切り替わるたびに切れたり不安定です。※カラフルな表示はDLPのカレーホイールのせいです。

cat20170405201918cat20170405202007

 

もう一つTAXANのプロジェクターにつなぐと、こちらはプロジェクターのACアダプターが近いとノイズを受けるのか安定しませんでしたが、離しておくと画面の切り替わりも問題無く安定して映りました。

cat20170409164142cat20170409165919cat20170409164159cat20170409164316

 

最後にLCD-8000Vにつなげて見ましたが、こちらは安定せずに数秒おきに信号が無いって感じの表示でブルーな画面に成ってしまいます。

cat20170409171333cat20170409171845

何だかんだでブラウン管の写りが安定してる上に綺麗なので、そちらで活用できそうです。

プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク