Macintosh Quadra650のバックアップと電池交換及びメモリー交換

Quadra650の電池切れが気になっていたので、Amazonで購入したパチモン電池を交換です。分解めんどくさい~と思いましたが、金属ガイドがかなり外れにくくなってて本当に面倒でした。手順自体はたいしたことないですね。

cat20170122141149

 

SCSIケーブルは秋葉原のBEEPやケンちゃんで買いそろえたので、くし形の口でも付くようになりました。MAC用のケーブルはAmazonで新品が安かったのでそちらで購入です。沢山持っていたのに捨てちゃうなんて・・・。

cat20170122142146

 

さくさくっとバックアップです。と言っても時間がかかりますね。コピーが終わると「コピー終わりました」ってしゃべったのでびっくりです。昔は細かいとこともカスタマイズ可能でみんないろんなカスタマイズしましたよね。起動画面からアイコンから、それぞれの動作音とか。MacやWindows機のアイコンを自分で変えたりしなくなったのは、Windows2000やOSXになった頃かも。

cat20170122142312

 

メモリーは40MBです。電池交換のついでに入れ替えます。

cat20170122144021

 

電源を引き上げて抜いて、ドライブ類のコネクターを抜いて引き上げたら終わりですが、プラが堅かったり、シャーシから抜けにくくて時間がかかりました。

cat20170122160946

 

電池も交換。これで毎回日付入力しなくて良くなります。

cat20170122165232cat20170122165709

 

メモリーも微増です。今更ちょっと増えたからと言って何があるわけじゃ無いですねw

cat20170122170917

540MBのMOでまるまるバックアップを取って、MOからの起動も確認終わり。後はSCSIのMOをもう2,3台くらい準備したいところです。都度都度持ち回りなので、コネクタ周りがヤバそうな感じですし、SCSIの640MB対応機1台しか無いと壊れたらそれまでなので。

スポンサーサイト

PC-9801DSをヤフオクで落としました。

整備済みの本体+4MBメモリーの組み合わせです。

ホワイトニングとコンデンサー交換となっていますが、本当に綺麗な筐体でした。端子類もぴかぴかです。

cat20161223110954

 

裏も本当に綺麗ですね。

cat20161223110358

 

中も綺麗でした。このマシンは、電源のコンデンサーとフロッピーのコンデンサー、内蔵電池の液漏れが主な故障原因になるみたいですが、その辺りはすべて交換済みです。これで9千円程です。

cat20161223110416

 

CPU周りです。386SXなので、これ以上のパワーアップは厳しいですね。まぁあえて5インチを狙ったので、早いのが欲しいときはノートでいいやと。Windows3.1位まではと思いましたが、結構重かったです。メモリーも4MBじゃさすがに厳しいのでDOSオンリーですね。

cat20161223110419

 

内蔵の電池はまた微妙な位置ですよね。バラバラにしないと何も出来ないような所という・・・。

cat20161223110438

 

メモリーカウントは486ならかなり早いのですが、386クラスだと積み過ぎると起動の時間が待てなくなりますよね。実際4MBでも結構待たされる感じです。

cat20161223110619

 

このフロッピーだけでも値打ちがあるような気もします。

cat20161223110631

 

という感じで、取りあえずSCSIボードをさして環境構築中です。と言っても昔の環境をそのままコピーして入れて行くだけですが。SCSIのMOの予備が無いとやりとりが大変になりそう・・・。先日230MBのが死んじゃいました。

 

自分の場合、PC-286VEからPC-9801NS/T(OC24MHz)になったので、386SXでもそこそこ大丈夫かなと思ったのですが、以外とDOS環境でも重いですね。1年ほど前に手に入れたPC-9821Ndは486の25MhzでDOSがサクサクだったので、DOSなんて軽い物と思い込んでいました。286よりはこれでもクロック分くらいは早いんでしょうけど。取りあえずメモリー周りが386の端くれなので助かってはいます。

 

Cバスのボードって後はAs2から抜き取るようなものってあんまり無いし、NS/Tで使っていた拡張BOXのサウンドブラスターくらいですね。これもWindowsじゃないと意味ないですね。

VEのフロッピーが何枚か有るので、原則それで楽しみたいと思います。

プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク