残りのXP機も最終アップデート

Windows7発売記念の時に買ったベアボーンキットのPCです。微妙なパワーアップでひょっとするとWindows7に行けるかも知れないぎりぎりの線です。メモリーが1GBなので1GBのDDRメモリーを2枚買えば何とか2GBなのですが、AGPのRadeonのドライバーがあるかどうか何ですよね。この時代で既に変な所にドライバーが隠して置いてある感じでした。RadeonのHD2600と言うやつです。

cat20140323171424cat20140323191209

これまた電池切れだったので、電池交換しました。

 

 

cat20140323191241cat20140323191659

ゴム足も溶けかけだったので、貼り直しておきました。さすがにXPのままじゃキツいけどメモリーが今更微妙な感じかな・・・。

もう一台微妙なPCです。VIAのC7積んでたM/BにCeleronMを載せてオーバークロックした物です。さすがにコレはXPが限界かなぁ。

cat20140323195647

どちらも2009年くらいの物です。ゴミを生産し続けてたって感じかな(汗

スポンサーサイト

WindowsXPマシンを最後のアップデートへ

うちの自作マシンも、XP以上にすることが難しいPCはそのまま塩漬けにしていくため最後のアップデートを順次行っています。

ますは、ASUSのターミネーターです。このマシン最初PentiumIIIの700Mhz位で組み立てたのですが、その後Celeon1.2Ghz→PentiumIII-S 1.26Ghz→PentiumIII-S 1.4Gに換えていました。メモリーも1GBまで搭載して、IDEのHD300GBを2本搭載でサーバー機として殆どずっと付けっぱなしで動いていました。後方のFANが違いので、CPUFANを付けないままでしたがホントよく動いてくれました。実質うちの中で一番長時間動き続けたマシンかも知れません。東北の大震災以降節電のために停止させてそのまま役目が終わっていました。

今回のアップデートが本当に最後かな・・・。PCIスロットにはG450のPCI版とギガビットのLANカードが刺さっています。SATAカードに替えようか複合カードが出ないかなとか色々考えていました。

cat20140315162919cat20140315162940cat20140315163727

PentiumIII-Sでサクサクです!と言いたいところですが、アップデートが貯まっててかなり時間がかかりました。SSDとか最後に付けてやりたかったかも。勿体ないから辞めておきます。

次は、Pentium4(Northwoodの2.53Ghz)のマシンです。このCPUは友人宅が放火されてしまい、唯一CPUだけが生きていた物を譲って貰いました。そんなCPUの為交換もせずそのままです。M/Bも友人から貰った物だったりします。ケースは買った当時一番安かった物です。Aopenなんて懐かしいですね。他にカノープスのグラフィックカード用のキャプチャーユニットやDVD-RAMのドライブなど時代を感じさせる構成です。そうそう音源ボードももらい物が刺さっています。外付けのユニットがでかすぎて引っ越し時に廃棄してしまいました・・・。

cat20140315214511

最初スイッチを押しても起動しませんでした・・・。

ふと電池かもと交換してみると無事起動です。

cat20140315221757cat20140315222207cat20140315215206cat20140315215038

パフェリアなんて珍しいカード積んでいます。なんか中古で買った思い出が。HDは250GBのIDEを2本。M/Bを見ると一応SATAの端子はありました。

 

cat20140315221841

こっちのアップデートは思ったより早かったです。PentiumIII-S信者でしたが、やっぱクロック速度がこれだけ違うとかなわないねって感じです。

他に数台有るので、4/8までにはアップデートしておきたいと思います。

プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク