RADEON HD 5850へ変更

長らく、RADEON HD 4870で満足していましたが、Dirt2のデモ版でひたすら遊んでるうちに、ゲームも欲しいけどDirectX11も見てみたいな!と言うことで、ゲーム付きを買ってみました。


値段は、発売からしばらく経っているので、29,980円と3万円切っていました。PS3買えるしとか言っては駄目です。アレはGeforce7800とかですから。とは言え、HD4870買ったときより50番台なので格下ですね。


今回のHD5850は、一応少しオーバークロックされています。


取り外した、HD4780に比べてもサイズはそう大きくなっていません。ただカバーが大きくなって、S-ATAのコネクタと干渉したので、一部差し替えです。ほんとギリギリでやっかいですね。こういうときは、ゲーム用として売られているM/Bじゃないと駄目ですね。


コネクタもいっぱいです。マルチ画面は・・・。うーんそのうちね。置き場所がさすがに厳しい。


ケースの中もギリギリです。



肝心のゲームはDVDメディアは入って無くてライセンスだけです。ダウンロードしてインストールです。説明もないしつたない英語力では大変でした(汗)

DirectX11の効果は思ったほどではないですが、WUXGAで一番パフォーマンス上げても余裕で動くのは、良い感じでした。
スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク