DIY PC Expo 2008 Autumn その2



Zalmanはクーラーより、3D表示を全面に展示していました。



OCZは、最近SSDで有名ですよね。電源やメモリーもやっていますよ。とのアピールでした。



MSIは、ネットブックのオーバークロックさせた物を展示していました。他にDual-ATOMのM/Bの展示などもありました。



ZOTACも最近目立つようになってきたと思います。グラフィックボードのおまけにゲームなんかも付いてて、欲しいゲームならちょっとお得かも。
PC稼働中にグラフィックボードをオーバークロックさせたりするパネルの展示がありました。


今回AMDのCPUとか買い物して来たら、ストラップとかくれる割に、AMD系の展示は少なかったです。



ここは、ラックなどの展示です。



ここのケースも一気に売れまくった感じですね。




Leadteckの「PxVC1100」が展示されていました。これが一番見たかった物です。PS3のCPU「Cell」のコアを減らした物ですが、映像のエンコード、デコードに使います。自分の場合、ビデオを撮ったりはしないので、DVDのアップスケーリングとかに効果が出るなら欲しいなぁと思っていました。
が、肝心のデモでは、イマイチ効果が判らず・・・。発売されてからの評価を聞いてから判断かな・・・。


こじんまりしていましたが、割と楽しいイベントでした。


帰りに九十九を覗きましたが、いつもと変わらぬ状況でした。気がつかない人も多いかも。
スポンサーサイト

DIY PC Expo 2008 Autumn その1

仕事明けに、秋葉に寄ってみると、自作PCのイベントをやっていたので寄ってきました。


久々のダイビルですが、このイベント入り口がイマイチ判りません・・・。看板持っている人が入り口ふさいでるし、回り込んだエスカレーター止まっているしで地味な感じでした。


割とこじんまりした感じです。


ショップ情報もありましたが、めぼしい物は無かったかも。



入ってすぐは、NVIDIA関係が並んでいます。ゲームメインというわけでは無かったです。Radeonにかなりやられた感じがありますしね~。



シーゲートが来ていました。大昔のDISKや制作過程のビデオを流していました。アンケートに答えるとボールペンか、ペットボトルケースがもらえました。




個人向けの自作イベントだと思いましたが、片面はRAIDカードやシステムについてのブースでした。アダプテックとか、昔はMOをつなげるために買ったりしていましたよ。今は安いS-ATAカードくらいです。



展示では、MAC-BOOKにFCでつないだDISK装置とかの展示もありました。仕組みとしてはすごいのですが、ここまで大がかりなのでデスクトップでも良いのかな~。ここの説明員の方は丁寧にいろいろ話してくれました。途中で、最近のMac事情になっていましたが(笑)

その2に続きます。

HDL4-G2.0の4TB化(RAID5で3TB)

1TBのDISKが安くなってきました。1本1万円も切っていて、自分が買ったのは5400rpmながら8,980円でした。(秋葉駅前の石丸で限定特価やっていました)

で、4本買ってNASの容量を増やすことにしました。

LANDISKは、内蔵されているディスク自体にOS部分が書き込まれるようなので、先に1本だけ入れ替えます。


リビルド完了後に、残りの3本を一気に入れました。

すると元の500GB4本を覚えているのか、元々の1.5TB(RAID5)になっていました。じゃあ初期化と、してみたのですが、やっぱり1.5TBのままです。

とりあえずWindowsマシンに、1本抜いてつないでみると、パーティションは以下のようになっていました。(3段目)


460GB弱は確保されずに余っていましたので、よくわかんないけど緑の選択している領域を開放し、残りをエリアもくっつけて確保し直して。(拡張パーティションで領域確保を行っています。フォーマットはしていません。)

起動すると、RAIDが壊れている状態になったので、崩壊モードで起動してから、RAID0で初期化してみると、領域が3.5TBに増えました!(1本1TBと言ってもフォーマットしたら930GB程なんですね・・・。)


気をよくして、RAID5に変更したら・・・なんと1.5TBに逆戻りです。ショックすぎ。

失敗でがっくりでしたが、調べてみると価格COM辺りで増量に成功した例が書いてありました。めげずに再度挑戦。どうせやるなら違うやり方でと!<見ても、わからなかったと言うこともありますが・・・。
↓価格COMは、ここを見ました。
価格.com - IODATA LANDISK Home HDL4-G1.0/2D クチコミ

再度HDを取りだしPCにつなぐと、先ほど領域確保したHDは、無事大きく成っていたまま(他の3本は確保されていない空き460GB程)でしたので、同じように、もう一本も領域を上と同じ方法で、広げ2本広がった状態で入れ直しました。(必要なかったかもですが・・・)


その状態で起動すると修復が始まりますが、かまわず初期化しました。すると今度は無事3TBのRAID5に成りました。


にしても、このNASはメニュー操作がものすごく遅いのでイライラさせられました。再構築も時間がかかるので、いろいろ設定いじるだけでも、相当時間がかかっています。最後の初期化には、一体何時間かかったのやらです・・・。

とりあえず、余った500GBはテラステに移植です。(うちのテラステは400GB×4本)で、そっちの話はまた書きます。
プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク