OCマシンのCPUクーラーの交換(ZALMAN CNPS7500-ALCU LED)

梅雨も明け、暑い日が続いてきたので、オーバークロックしたCeleronマシンにも夏場を乗り切ってもらうために、CPUクーラーを買ってきました。


秋葉で、初めてパーツ屋さんのおすすめを買ってみました。
今まで話しかけられた事なんて無かった・・・。
ZALMANのものです。E1200だと、CPUの値段とあまり変わらないですね・・・。
1万円以上とかなら、上位のCPU買った方がいいかな。


ファンコン付きですが、どうせ一度設定したらいじらないので、つけないことに。


取り付け方ですが、M/Bの裏に部品をつける必要があったので、ケースから一度M/Bを取り外すことに・・・。ちょっと面倒です。


こちらが、純正のクーラーです。まぁこれで、動作には全然問題ないのですが、気持ちの問題です。


交換後は、こんな感じで大きいです。フィンは、下の方がすぼんでいるので、P5K-Eだと取り付けには問題なかったです。(店員さんもその辺りは気にして教えてくれました。)

交換前
交換前に5分ほどベンチマークを走らせると60度超えていましたが・・・。

交換後
交換後長めに回しても、この程度で済んでいます。ケース温度も結構違う気がします。
自分のケースは、CPUのすぐ上にダクトがあるので、ファンの位置が高くなったから、その辺りも影響しているかもです。

通常は、44,5度くらいで安定しています。(blog書いてる程度なら、クロックは2.4Gくらいに落ちています。)
スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク