Athlon64のCool'n'Quiet

20050131085519.jpg


うちのAthlon64マシンは、組み立てから12cmのファンを追加したくらいで、ほどんど変更されていません。


当分お金は無いのでソフト周りで遊ぶことにしています。
A8N-SLIは、BIOSを1003に上げました。(途中Betaも入れていましたが)


Athlon64のCool'n'Quietと言う、ノートPCのような省電力機構があります。とりあえず、BIOSのCool'n'QuietをEnableにし、Windowsにツール(AMDのサイトかASUSに有る)CPUのドライバを導入して、PC電源管理を「ポータブル/ラップトップ」に変更したら動きました。(「最小の電源管理」にするのが正解なのかな・・・?)


IMG_6512.jpg



後は「ThrottleWatch」なりで確認して、動作クロックや電圧を確認します。うちの場合1Gの1.1Vで普通動いているようです。少し重い処理をさせると直ぐに2Gになりますが、1.8G位も有るようです。
レスポンスが極端に悪くなったりはしません。Divxのムービー見る程度なら1Gのままで行ってしまうようです。ちょっとエコロジー(謎)


Asusのツールからこのように見えます。
20050219135719.jpg



WindowsXPの64bit版だと、BIOSの設定だけで、特にドライバは要らないようですね。


窓の杜 - 【NEWS】ノートパソコン用CPUが省エネ稼動している様子をグラフ表示「ThrottleWatch」
スポンサーサイト

WMV HDの再生

20050127000152.jpg


以前AthlonXPの2600+(Parhelia)で再生したときは、時おりコマ落ちがありました。

今回は1980*1080の再生でなく1280**768のスケーリングになりますが、Athlon64の3200+(Geforce6600GT)ではコマ落ちなく再生されました。

アクオスがフルスペックハイビジョン対応でないのが残念ですが、十分綺麗に再生されていました。

サンプル映像
Windows Media High Definition Video

ソフマップがビックカメラに・・・

ソフマップにビックカメラが出資

もう何がなんだか・・・。そのうちヨドバシとビックカメラもひっついたりして・・・

AQUOS(LC-32GD1)での1280*768の表示

PCをアクオスにはDVI-Dで接続しています。(グラフィックカードは、Gefroce6600GTです)
アクオスのパネルは1366*768の解像度なのですが、DVI-D接続の場合1280*768までの入力になります。

20050125090530.jpg



自動で1024*768との表示が切り替わることもなく手動になります。
20050125090520.jpg


手動で変更なのですが、ゲームなどでXGAに切り替わると左右が切れて間延びされて表示されてしまいます。BIOS画面なども1280*768にしていると左右が切れて表示されてしまいます。
20050125090512.jpg


画面が大きくて良いのですが、横はともかく縦が768しかないので1280*1024などに慣れていると狭く感じてしまいますね。

FFベンチ3の結果

20050123200127.jpg


自宅マシンでのFFベンチ3の結果です。
いずれもHIです。


Athlon64(3200+)+Geforce6600GT
20050123200135.jpg



Pentium3-S(1.4G)+GeforceFX5900SE(下のエントリーと同じマシンです)
20050123200141.jpg



パフェリアマシンは、ドライバーを戻して途中まで動きましたが完走できませんでした。

Matrox Parheliaの新しいドライバー(1.08.00.133 )

新しいパフェリアのドライバー(1.08.00.133)が出ていたので入れてみました。


FFベンチ3を試してみると・・・

20050113091659.jpg


衝撃の白骨化でした・・・

古いドライバーから何時までも脱却できない・・・うちだけですかね?


Matrox Graphics - Latest Drivers

旧自作メインマシン PentiumIII-S(1.4G)

20050113085140.jpg



ロフト生活時代のメインマシンで、寝床に置いてありかなりの時間使いました。ケースは7,8年は使っています。自分の買った初のATXケースです。3台目の時かな・・・。うちにはP3-Sマシンが2台でP4マシンは一台もありません・・・縁が無いですね。


★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.30 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name ASUS TUSL2-C
Processor Pentium III 1406.26MHz[GenuineIntel family 6 model B step 1]
Cache L1_Data:[16K] L1_Instruction:[16K] L2:[512K]
VideoCard NVIDIA GeForce FX 5900
Resolution 1280x1024 (32Bit color)
Memory 523,740 KByte
OS 5.1 (Build: 2600) Service Pack 2
Date 2005/01/13 00:35

PrecSim SCSI Controller
Image Simulation 1.0g

Intel(r) 82801BA Bus Master IDE Controller
プライマリ IDE チャネル
SAMSUNG SP1604N
Maxtor 4D080H4

Intel(r) 82801BA Bus Master IDE Controller
セカンダリ IDE チャネル
PIONEER DVD-ROM DVD-104
PLEXTOR CD-R PX-W8432T

ARK VD800 SCSI Adapter
ARK CD/DVD VD8 A 8.00
Generic DVD-ROM 1.0

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
32367 64831 64092 16783 14689 23651 59

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
66520 35920 10417 1099 48877 46042 2947 C:\100MB


FFベンチ3の結果は以下のような感じです。
20050113085225.jpg


3Dmark05の結果以下のようになります。GF5900タイプはかなり厳しいですね。
20050113085043.jpg

Mac miniが出た

5万円MACが出るとは言っていましたが、半信半疑な物の出てきたら一気に欲しくなりますね。


これはかなり良いかもです。DVIも付いているし、かなり売れそうな予感。


自分のibookもG3-500MHZで古いですからね~。
リプレイスには丁度良いかも。


↓詳細はAppleのページで見てください。
アップル - Mac mini

ギガビット Ethernet対応

20050111100518.jpg


A8N-SLIがgigabit環境なので対になるマシン用にとりあえず1枚買ってきました。
↓買ってきたのはIO-DATAのこのカードです。
ETG2-PCI


20050111100525.jpg


gigabitのハブは、PCパーツと共に頂いていたので、あっさり環境構築です。
↓ちなみにbuffaloのこれです。
Hub|LSW-GT-8NSR

でもカテ5のケーブルのまま使っています・・・。


組み立て時、一気にファイルコピーするときに付けておけばよかった・・・。

まだギガ環境は2台しかないので、徐々に変えていこうと思います。
プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク