レトロエクスプレス 4号 その3

こちらではベクタースキャンの高速船の元の方かな?ARCADIAとかもこんなに和風のソフト出ていたんですね。

cat20170505110556

 

まりえん堂さんのところのFMシリーズです。アメリカントラックが、FM-7と77では全然速度が違うそうです。FM-7は確かにかなり遅いですね。自分は88ユーザーだったので、もの凄く遅く感じた事と、キー操作が5押したり加速に気をつけたりと別の意味でも大変な感じでした。

cat20170505114334

 

77も今となっては、見ない機種ですよね。7より早くなってた物が有るのには、ちょっと関心です。FM-8のデジタルモニターも綺麗ですね。色が深いです。展示されてたソフトも深いカモですがw

cat20170505110410

 

こちらのナウシカの描画ですが、元のBASIC版は2分以上掛かる物を、マシン語で書き直してたったこれだけでかけるという高速表示です。今の人からしたら何が何だかかもですが・・・。こちらのHPでナウシカベンチは公開されています。

cat20170505122210cat20170505110420

 

前田さんとのことは、カシオ勢で攻めていました。このPVシリーズなんて全然知りませんでしたし、物を見た覚えも無かったです。

cat20170505110206

という感じで、今回は駆け足で終わりです。今回はX68000誕生30周年と言う事もあり、桑野雅彦さんが話されるステージまであったのですが。体調が悪かったので一撃離脱で帰宅してしまいました。とは言え、短時間でしたが楽しめました。企画されている田辺さんやスタッフの皆様お疲れ様でした。



動画もどうぞ。
スポンサーサイト

レトロエクスプレス 4号 その2

シエルさんとこの98です。今回はHandy98もフロッピー付きのフル装備状態です。

cat20170505105101

 

98で一番デカいXL²と一番小さいUSのコンビネーションです。USB5インチドライブインターフェースは完成したので、後は基盤起こしとのことでした。にしても、どれもチンチンにパワーアップされているのが凄いです。詰めるだけ積んで拡張されています。

cat20170505105035cat20170505105140cat20170505112452

 

こちらではMZ-2500V2、FM-77AVsxの展示などです。SXはあんまり見かけないですよね。

cat20170505110050cat20170505110128

 

物販されているところには、いろんな物がありました。

MZ-700のモニターセット品です。純正品のデジタルRGBモニターが珍しくて良いですよね。他にも沢山有りましたが、見つけた瞬間に買わないと、目が肥えた人だらけなので瞬時に蒸発してる感じがします。

cat20170505110457cat20170505111922

 

NRTDRVとX1シルフィードの展示。X1のシルフィードなんて出てなかったのに・・・。ここは何時も謎ですよねw

cat20170505110706cat20170505110735

 

こちらは音源ボードからMIDIまで色々展示&視聴が出来ました。

cat20170505111010

レトロエクスプレス 4号 その1

レトロエクスプレス4号に出かけてきました。

今回は、前日に思いっきり風邪を引いてしまい、短時間だけ見させていただきました。

ぴぴぴさんのXVIをじっくり見せていただきました。ステッカーチューンも格好いいですが、中身も最強XVIですね。簡単に集められないステッカーも沢山貼られていました。中身まで見せていただいてありがとうございます。

cat20170505115055

cat20170505115014cat20170505115453cat20170505115039cat20170505115036

 

MSXの各種音源の展示がありました。見たことの無いような海外製の音源もありました。

cat20170505111730

 

さぶろうさんの所は、機器不調でした。残念。

cat20170505120529

 

試運転さんのブースです。フロッピーディスクの保存方法について書かれた本が売られています。事前に秋葉にも行けずSIMM配布イベントには乗れなかったです。

cat20170505120628

こちらではファミコンのビデオ出力改造の展示ですが、コントローラーの穴から主力されて、前からコントローラーが出ている大胆な改造でしたw

cat20170505111304

こちらは、どれも遊べる状態のゲーム機が山盛りです。もの凄い数ですよね。6インチのテレビ場所取らなそうで良いですね~。

cat20170505111348cat20170505111339

SONY HB-F1XDmk2が送られて来ました。

cat20170204165555

BEEPさんところの季刊誌EXTRAmagのアンケートに答えたら、「MSX2パソコンが当たりました」と連絡があり送っていただきました!パソコンが当たるのとか始めてかも。

 

と言うことで、届いたのはSONYのHB-F1XDmk2でした。機種まで書かれてなかったのでなんだろなぁと楽しみにしてました。この機種はフロッピーのベルトで不具合が出る物ですが、すべて修理されて問題無く使えています。

cat20170205104056cat20170205104126

 

メモリーは64KB。MSX-DOSは動かないのかな・・・?色々忘れています。自分は、三菱のG30って言うセパレート型のMSX2は持っていました。(捨てましたが・・・)

cat20170205103540

 

連射機能はREN-SHAなんですねw

cat20170205103606

 

RGBのケーブルはどこかにあるハズなんですが取りあえずコンポジットで写してみました。めちゃくちゃ汚い・・・。ゲームならまだしも文字入力とか結構つらいカモですね。自分がMSXあまり使わなかったのは、テレビ台に乗ったテレビにつないでいて、雑誌の打ち込みとか本体は地べたにあるので首が疲れてとか言う理由もありました。

cat20170205103629cat20170204170120

 

殆ど残っていないROMカセットですか少しはあるので遊んでみます。折角なのでまだネットで公開されている方のプログラムとかでも遊んでみたいと思います。

cat20170204170229cat20170204170344

 

2DDのフロッピーも手持ちが殆ど無いので2HDのテープで逃げ切ります。Windows側からファイルコピーして持って行きましたが取りあえずは問題無さそうでした。

cat20170204170612

にしても、久々に大型のプレゼント当選でした。



2005年に秋葉原で行われたMSXイベント記事はこちらです。


tag : MSX

FM-TOWNS II MEを久々に起動させました。

前々から気になっているいくつかのPCを起動させて行っています。

このTOWNSは大阪から持ってきた時の梱包で2010年の日付の送り状が付いたまま置かれていました。もっとも2001年には東京に出てきたので、15年以上はスイッチを入れてないと思います。

で、早速電源オンですが、特に問題無く動いてくれました。何時壊れるかは判りませんが、CD-ROMやFDは取りあえず動いています、ソフトは全部試してませんが10本くらいは普通に読み込んでくれます。大戦略IIIとトキオは今のところ読んでくれませんでした。

cat20161001161302cat20161001161350

 

TOWNSは68買って、98(正確にはエプソンの286)買った後、初代のTOWNSから使い始めました。学生相手に富士通がTOWNS配りまくってた時に、どさくさで借りていきました。その後3代目を購入し、最後がこのMEで終わりです。ゲームは68、パソ通環境は98系だったので、TOWNSはどっちつかずのまま出番は少なめです。キーボードもとても使いこなした程まで行きませんでした。

cat20161001161358

 

CD-ROMのソフトはフリーウェア集を覗いても20本くらいのソフトは買ってたようです。みんなパッケージも捨ててCD-ROMだけになってますが・・・。

cat20161001161438

 

ライザンバーは日本橋でバイトしてた友達がくれたと思います。この頃店頭デモやら店に送られてくるサンプル品など廃棄するときにちょくちょく貰っていました。ちゃんとした状態で置いておけば良かったですが、まぁそんなもんですね。

cat20161001173100cat20161001162904

 

カードスロットも付いているので、これがHDD代わりになれば!と思って刺してみましたが、世代が古すぎてSRAMカードくらいしか使えないんですね。残念。刺してもうんともともです。この時代に殆ど誰も使わないスロットつけてるのも凄いですよね。バブルの名残ですね。FM-Rのカードも刺してみましたが特に反応が無かったです。

cat20161001164813cat20161001180534

 

TOWNS-OSでざっとみてv2.1のL31が手持ちで最後のバージョンっぽいです。この後MS-DOS上に乗せれるL40に成ったみたいですね。

cat20161001165504

 

後ろの端子は当時は普通な物も多く使い回しがやりやすいですよね。

cat20161001173920

 

蓋を開けると大した物が出てきませんでした。8MBのメモリーAMDのDX4のオーバードライブが乗っていました。これでWindows95まで動かしました。メモリーは安いときに16MB×2にしておけば良かったですね。今ならハードオフのジャンク箱とかにありそうですが、探すのが大変そう。この辺りも汎用品が使えるのが良い感じですよね。オーバードライブはファン付きでるがかなり詰め込まれていますね。

cat20161001174156

 

内蔵SCSI端子です。このまま刺さるのかと思いましたが、検索したら電源と分離する専用のケーブルが必要みたいですね。残念。この辺りが汎用的になっていれば手軽にHDD内蔵出来たのに。純正品のHDDなんて最初から付いてる奴以外は高すぎて買えないです。

cat20161001174512

 

色々使い方忘れてたので残ってた本で補強です。思ったより専門的では無くて普通の簡単マニュアルって感じの本でした。まぁ残してて良かった。

cat20161001165728

 

T-OSとWindows95を入れてたHDDを最後につなげて見ましたが、ぜんぜん認識してくれず・・・。色々設定を見直したのですが駄目でした。最後に98につなげて中身を見たらなんとLet's noteのとドライバーのバックアップファイルが1つだけ入っていました・・・。99年にそのようになっています。酷い1GBも有るのになんたるゴミ扱い!タイムマシンがあったらその時の自分を引き留めたいです。今から環境戻すのって超面倒・・・。悲しい結末でした。

cat20161001211113


久々に「1chip MSX」を出してきました。

自分の場合、MSXってMSX1、MSX2、MSX2+と持っていたもののいまいちメインで使うことがなかったです。一番の原因はテレビにつなげていたからだと思います。21PのRGB入力では、当時使っていたSONYのテレビでしかつなげれなく、プログラム入力するにも地面に置いたMSXと画面の行き来で首が疲れたから、結局ゲーム機扱いだったと思います。

 

ちゃんと使ってみたいなと思ったのは、アキバで行われたMSXのイベントでした。あれ以来もう巨大なイベント無いですよね。アスキーも元気無いままですし。

cat20151128103422

 

で、予約して買ったものの、その後仕事が猛烈に忙しいモードになり、去年やっと手が空いてきたので古いPCをいろいろ触る時間が出来てきました。

 

殆ど使ってないので状態は悪くないかと。中途半端にSDカードが刺さってました。中身入ってないし・・・。先行予約した人はマニュアルやCDが後で送られてきたこともあって、最初の出だしでそのままになった感じです。奥にしまい込んでるうちに箱も押しつぶれてました。ふぃり帰ってみると2006年11月に到着してたんですね。その間にもう一回くらいしか使ってなかったかと。

cat20151128103711

 

このUSBは使われないままのようですね。いつの間にかMSX2+相当に上げれるものを作られた方はいらっしゃいました。

cat20151128103734

 

気が付いたらこのMSXでさえもポートがレガシーポートだらけという・・・。RCAだけが最後の砦ですかね。キーボードのPS/2が地味に困ってきそう。

cat20151128103803cat20151128104317

 

パッケージが残っているソフトも殆どありません。みんな捨てちゃいました。

cat20151129104831

 

メモリー増やす裏ワザとかさりげなく書かれていますね。マニュアルに手書きが多いってもの今見ると楽しいです。

cat20151129104927

 

イラストも社内の絵がうまい人のものですかね。さすがにこの絵はオフィシャルじゃなさそうですし。

cat20151129105215

 

と思い出しながらゲームしたりしてました。MSXってDOS環境があるからついつい16bitマシンのような環境を整えようとしてしまいますが、PC-88とかVA3以外はフロッピーベースで終わりましたよね。ハードディスクつなぐところまで行ったのは、やっぱすごいと思います。

cat20151128205555cat20151128210845



動画でも撮ってみました。殆どゲーム紹介ですが。

tag : 1ChipMSX MSX イベント ゲーム

マイコン・インフィニット☆もみじ狩り PRO-68Kで買ってきた物を紹介です。

まずは、デジタルRGBをアナログRGBとして使うケーブルです。「UGO-UGO AMIGA!! with (仮称)80mk2会」さんのブースで1,000円でした。PC-8001mkII/SR用として売られていましたが、たしかMZ-700でも配線が同じだったと思うので買ってきました。部品代でも何だかんだで千円くらいかかりそうなのに・・・。ありがたいです。



入力信号の15KHzは変わらないので、LCD-8000Vに刺そうとしたら・・・。コネクターが大きくて入らなかったです。ここは盲点ですね。



と言うことで、無難にMDT152Xへ接続無事映りました。ビデオ出力と違って綺麗ですね。


で、次のパーツは「We Love MZ-700」さんで売られている「プリンタ端子からMZTファイルをUSB経由で流し込む板」です。正式名は「MZ-700/1500用 LPT-USB I/Fアダプタ」でしょうか。



ともかく、これを使えば不安定気味で、今後壊れそうなカセットテープを使わなくてもWindowsPC経由で、イメージ化した物を流し込めると言う安心感が得れます。しかも、カセットより圧倒的にスピードが速いです。


早速MZ-700への取り付けからです。実はMZ-700を分解するのは初めてです。ノートPCとかはしょっちゅうばらしてますが、古すぎてドキドキですね。後プリンタポートを外部に切り替えたりもあるそうです。マニュアルに書いてあるそうですが、マニュアルは持っていないので、困るかと思いましたが、プリンタをどけたとたん書いてました。昔のは親切ですよね。




プリンタポートから読み込むためにモニターROMを書き換えて頂いた物と交換します。ICのソケット抜くのもPCG-1200を取り付けたこと以来かも・・・。何年前やら


見回したらZ80も有りました。見れば判るのが良いですね。


で、引っこ抜けましたが、詰めが甘い感じで・・・。取りあえずラジペンで戻してみましたが、やっぱ難しいです。



外したガワも記念写真です。


組み立て直して、いざボードを刺そうとしたときに問題が・・・。ケーブルがどっち向きにも刺さります。反則ですが、壊しても駄目だと思い制作者の紅茶羊羹さんへ、向きを教えて頂きました。


写真ぶれぶれですいません、デジカメの調子が悪くて・・・。2003年製です。

で、見分け方はコネクターに三角印がある方が上ですとの事でした。ちょっとした知識が増えた気がします。


これまたぶれぶれですが、PC側にUSBケーブルをつないでから転送ツールを起動させて準備します。


本体側は、モニターROMが変わっているので、Pコマンドで、テープからプリンタポートに切り替えて、Lコマンドで読ませれば読み込み完了です。速度はかなり速いです。短いのだと一瞬って感じです。


ゲーム以外もBASICでも大丈夫です。BASICから更に読み書きするには、パッチを当てる必要があります。パッチは紅茶羊羹さんのページに置かれています。テレビドラマでもこれを使えば十数秒で起動できる奴に変わりますねw


読み込みが早いので、手持ちのソフトを色々試したくなりますね。MZ-1200の時に沢山打ち込んだベーマガのリストとかのテープ捨てちゃったのが残念です。あれはSP-5030なので、これには使えないですが・・・。

なにより、現代のパーツで大昔のPCがパワーアップするのが、実用的にもイメージ的にも感無量ですね。イベントを通じていろんな物を提供頂ける方々には感謝一杯です。

「ALL ABOUT マイコン BASIC Magazine」に行ってきました。

今日は秋葉原で行われた、マイコンBASICMagazineのイベントに出かけました。

中学生の頃は、ホント影響されまくりで、まねた学校仲間で会報誌作ったりしていました。ペーパーアドベンチャーとかも色々まねて作ってましたね。

 

そんな思いで一杯のマイコンBASIC Magazineのイベントが行われると言う事で、もの凄く楽しみでした。チケットの申し込みは元も足してたらVIP席を逃してしまい、ちょっと残念。でも内容もの凄く濃く1時間ほどオーバーしても、もっともっと続いて欲しいと思いました。

cat20151108133311

 

先に整理券を貰って、また集まるって感じで、11時くらいだったらもうこんな番号でした。

cat20151108105102

 

整理券を貰った後は友人とBEEPさんへ。ここも来たかったので良かったです。ただ、結構刈り取られてますよね・・・。

cat20151108113614

 

時間になって戻ってみると、この外だけで無く、上から下まで人です。450名くらいは来られてたとか。

cat20151108124933

 

配られたのはノーマルの赤帯です。

cat20151108132614

 

小学校を改造したスペースの体育館です。イベント内容からして、また体育館ってのもある意味ぴったりだったかも。右上の高いとことか登ってみたいw

cat20151108133236

 

少し物販もありました。

cat20151108152031cat20151108152114

 

物販コーナーで、FM音源チップのガチャガチャも始めてやりました。CDが付いてることと、あたれば「ベーマガ」が貰えるって物ですが残念ながらハズレです。

cat20151108212831

 

音源は、自分では勿体ないことに何も出来ませんが、YM2203ってやっぱ、後の物も当然良いのですが、何もかもここから始まりって感じで記念に良かったと思います。

cat20151108213024

 

内容は、詳細には書かないでとのことで、感想文程度であれば良いと言う事で少し・・・

 

構成は3パートあって、電波新聞社の編集の方々、プログラミングの方々、ゲームレビューのライターの方々の3部構成でした。

影さんが、始めて顔出しで、紙面とは違って、超まじめで仕事されてた感じです。その他気になるような話は、色々話されてどっかの雑誌系でも載って来るんだと思うので、そちらでも。

 

後は、オープニングのムービーがとてもよく出来ていました。かっこいいとかそう言うのもありですが、何よりも自分が見てきたPCの歴史みたいに感じ、ちょっと感動して泣いちゃいたい気分でした。キャラクター表現から、ドットごとのキャラクターに代わり、疑似3Dから、ワイヤーフレーム、そして今PS4みたいな画面に変わっていく物で、どこかで公開して欲しいなぁと思う物です。エンディングもスキームのエンディング曲が使われた物でしたが、よく出来ていました。

 

自分は、MZ-1200→PC-8801MKIIFR→X68000+98+TOWNS、その後、Amiga+MAC→DOS/Vって感じでした。(88の機種変換、MSX、ポケコンなどもありますが、ざっとこんな感じです)

cat20151108160243cat20151108165815

 

 

過去の良い思い出話もたっぷり聞けて、後からパイプ椅子に長く座った腰の痛さが来ましたねw

 

最後の最後、山下章さんが言われてましたが、過去の良い思い出楽しい思い出も、良いですけど、今の瞬間でもそれはいくらでも作れるような話をされました。確かにBASICマガジンの時代も楽しかったですし、それを読まなくなった後でも楽しく過ごし、こうしてまだPCもさわり続けてるので、終わったのでは無くこれからもそれが継続してるんだと思いました。

cat20151108204007

tag : マイコンBASICマガジン

一年ぶりくらいにMZ-700を出してきました。

最近のつもりでしたが、見直したらもう1年経っていますね。月日の流れが速すぎます。


少し前にTwitterで、BASICってどれ位の時間で読み込んでいた?なんて話が出たのでまた出してきました。Playボタン押してから計測と思ったけど、読み込みメッセージが出てからの数字がブランク抜き位ですよね。なので、Hu-BASICで4分半位で、S-BASICは2分40秒くらいでした。






ついでなので、ゲームも色々やってみました。キータッチが重いので、長くやるとちょっと疲れますよね。




シューティングゲームはこれ位の難易度が自分には丁度良いかと・・・。どんどん下手になってますが・・・。




今回は、公開されているソフトも書き戻して試してみました・・・。ってか、この野球拳ってもはやMZ-700とは思えないですね。


こっちは、ニコニコ動画で音のデータとして、動画配信されていました。配信方法も思しいですが、これのさらにバージョンアップ版がMZ-700で動いてるにしては凄すぎました。これも凄いなぁ~。と思ってましたが、バージョンアップ版は、ちょっとのバージョンアップじゃなかったです。ニコニコにあるので是非見てください。




と言うことで、今年も何とか動いてくれました。最初電源入れたときカチカチなんか音がしたので、そろそろどっかがおかしいのかも知れません。

MZ-700(MZ-731)を久々に起動させました。

cat20140813162119

 

久しぶりにお盆に夏休みが取れたので、ノンビリ自宅で過ごしています。部屋の掃除や古い物を出してきて散らかしたり・・・。してゆっくりした時間を過ごせています。もうすぐ終わってしまうのが、夏休みの宿題が残った状態みたいで悲しいです。

て、最近古い物を色々出してきていますが、その中でMZ-700のエミュレータをちゃんと動かしてみたら、ソフトもそこそこ公開されていて、そちらも試してみました。互換モニタROMも公開されているので、本体持ってない人も是非試してみてください。

実機はほったらかしで全然起動させてなかったのですが、こんなに出来の良い物が有ったなんてちょっと感動しました。

cat20140811222900

当時の自分にLibrettoに入れたMZ-700なんて見せたらどんだけ驚くやら。なんてみんな考えますよね。

おそるおそる棚から取り出してきました。煙噴いたらどうしようとか。

cat20140813162230cat20140813162627

BASICのテープはS-BASICやHu-BASICは行方不明で、MZ-1200についていたSP-5030だけが出てきました。バックアップも取りたかったので、新品のテープも買ってみました。

 

最初回らなくて焦りましたが、早送り巻き戻しを一往復させたら動き出しました。

cat20140813162657

 

無事読み込んでくれたのでバックアップ取りました。A面B面とかすっかり忘れて反対入れたりとか・・・。ホントあれだけ使ってた物もすっかり忘れますね。

cat20140813170407cat20140813170352

キーボードもちゃんと効くようです。色はかなり黄ばんでます。写真で補正したら綺麗ですが・・・。

cat20140813171100

BASICも殆ど忘れています。MZ-1200のマニュアルは出てきたので読み直し・・・しないか。

cat20140813173016cat20140813174322

という感じで、iPhoneと比べるとこれくらいの大きさです。重さは5kg弱。ノートPCと比べると巨大ですね。このタイプのパソコンって絶滅してしまいましたね。ASUSのATOM乗ったやつが有ったくらいかな。

 

cat20140719124844

後は、Amigaも有るんですが、これ68のモニターつながないと。10年以上スイッチ入れてないけど映るかな・・・。これこそ火を噴きそうで怖いけど・・・。

 

一応動画にもしたので、良ければどうぞです。


tag : SHARP MZ-700 MZ-731 MZ-700に不可能は無い

STEINS;GATE 変移空間のオクテットをやり始めました。

最近シュタインズゲートのDVDを借りて見ていたので、前から気になっていた8bit版(仕様?)のSTEINS;GATE 変移空間のオクテットを買ってみました。

cat20140714231230

DVDは見終わりました。XBOX360でかなり前に本編をやったのですが、1パターンしか終わらせてないです。DVDでやっとちゃんと終われた感じですすっきりしました。

cat20140721163047

本編をやり直すのは面倒なので、8bit版と思いましたが、話は続きものだったんですね。知らなかったです。

パッケージはこんな感じで、昔のPCのゲームみたいな箱です。手持ちのゲームの箱って殆ど全部捨ててしまったので手元に無いのが何とも。

cat20140711173128cat20140711173143cat20140711173152

それらしい8bit機の名前が並んでします。やっぱパチモンくさくなるので、本名にしたいところですが仕方無いですね・・。

中身はこんな感じで、ゲームディスクがフロッピーみたいになっています。

cat20140711173221cat20140711173252cat20140711173353

結構よく出来ていますね。

 

付属のCDもコナミのあれみたいです。

cat20140711173302

 

早速インストールします・・・が・・・、

cat20140711173527

動かない・・・。

cat20140711173746

 

調べてみるとWindows8の64bit版で起こる現象のようです。自分のはWindows8.1の64bit版でしたが同じ症状ですね。プロテクトらしいのですが、Windowsの仕様変更で直切りPathがが変わったため起こっているらしいです。こう言うのって標準形式にして置いて欲しいですよね・・・。将来は動くPC無くなっていきますよね・・・。ちなみに32bit版であればWindows8でも回避できるそうです。

cat20140711174527

 

仕方無いので、光学ドライブの無いPCで動かします。これはWindows7の64bit版です。

cat20140711180519

 

機種は色々選べるし一度クリアするとモードが増えるらしいです。

cat20140711180812cat20140711180821

 

助かったのはインストール後光学ドライブが必要ないことですね。にしても、この書き換え速度って88MkIISRって言うより88MkII時代のデゼニランドとかサラトマ時代の速度じゃ無いですかね?SRの頃はこういうのは殆ど無くなってた気がします。まぁFM音源との組み合わせってところが良いのでしょうから、これはこれで良いかもEnter押せば飛ばせますしね。にしても今だとホント手間が掛かりそうな描画ですよね。

cat20140711181056cat20140721162540cat20140721162645

コマンド入力式ってさすがに思いつかないので、攻略サイトからコマンドコピペしながら見て操作しています。(フルスクリーンじゃなくてもゲームは出来ます)

 

cat20140721162750

とまぁ、最近古いPCを出してきていましたが、見事に古い話ばっかりになりましたね。このゲーム自体も結構古かったりします。

PC-88VA3に続きX68000PROも出してきました。

先週PC-88VA3の電池抜き作業を行っていましたが、ついでにX68KPROも引っ張り出してきました。こっちはかなり適当に扱ってて埃だらけだけで無く端子類はサビさびでした。

cat20140713181204

cat20140713174056cat20140713174259

結構錆びてます。

とどめに15Mhzへオーバークロック改造もされています。

cat20140713174223cat20140713174123cat20140713174132cat20140713174210

クロック切り替えのスイッチはここについています。

モニターはこの手のマシンをお持ちの方は使われてると思いますが「LCD-8000V」です。偶々会社の方で、調子が悪いと言うので貰ったのですが、今のところちゃんと使えています。

cat20140713174710cat20140713183830cat20140713174805

Oh!X自体は全部捨てちゃったのですが、フロッピーは殆ど全部残っていました。(他にもあります)

 

取りあえず起動させたらぼろぼろな外見とは違いすんなり起動してくれました。HDの方も探せばあるはずですが、そっちはさすがに駄目ですかね。

cat20140713175306cat20140713181123cat20140713183911cat20140713184013cat20140713184822

という感じで遊び始めたら止まらなくなって、寝床に置いて使いやすくしています。もう少し動き続けて欲しいです。

PC-88VA3の内蔵二次電池の除去

もの凄く前から気になっていたものの、押し入れのすごく奥に片付けてしまったVA3を取り出すにはそれなりの時間がかかります。また、二次電池が液漏れすると復活できないダメージがあるらしいので、数年前から気になってました。<危険な割に単位が大きすぎますね(^_^;

何せネットの情報だと液漏れの危険性は書いてる物の電池の場所さえ判らない状態でした・・・。でも思い切って取り出してみます。

大阪から梱包した状態のまま5年以上は経っていると思います。もっとかな・・・。

cat20140713155446cat20140713155539cat20140713155602

2TDドライブ搭載のVA3です。1988年発売。定価は398,000円とVA2に比べてもめちゃくちゃ割高です。2TDドライブも全然流行らないし、普通の3.5インチ2HDだったらもっと使い道有ったのに。

で、分解開始。これだけ長期間持ってたのに蓋を開けるのは初めてだったります。天板と本体の間によくわからないセロテープみたいなのが挟まってました。

cat20140713160003

これは電源です。これも壊れるみたいですね。

cat20140713160657cat20140713160706

後ろの方です。でんちが全然判らないのでゆっくり分解します。

電源を外さないことには何も取れないみたいなので、電源を外しますが、電源を外すには後ろのパネルを外すようです。昔載ってスチールの複雑な組み合わせでメンテナンス大変ですね。これで精度ばっちりだったら良いのですが、外すとねじ穴が微妙に違ってます。スチールって反ってくるんでしたっけ・・・。

cat20140713161717cat20140713162038

これは2TDドライブについてた基板です。

やっと電池が出てきた頃にはフロッピーも全部外した後です。5インチのドライブを外すには、2TDドライブも外す必要がありかなり大変でした。

cat20140713162846cat20140713162854

こんな感じで、コネクター外すと判らなくなりそうなので中途半端な分解です。

 

cat20140713163448

これは音源です。こちらもノイズが出たり大変になるそうです。

で、問題の二次電池ですが、Twitterで呟いた時は、液漏れしてないように見えましたがよくよく見ると少しお漏らししてるようです。

cat20140713164008cat20140713164024

外した後、少し緑がついてます。じゃじゃ漏れじゃ無いようで良かったですが、基板の裏に回り込んでないか心配です。でも面倒なので分解はここまでにします。

で、組み直して起動テストです。

cat20140713170837cat20140713172538

なんとか起動してくれました。が、肝心のソフトの入ったフロッピーが全然見当たらなくてここで終わりです。うーん、かなり捨ててしまったので、もう手元に無いのかも・・・。2TDのメディアも行方不明のままです。

 

cat20140713172611

裏はこんな感じ。昔のはサービスコンセントとかついてて面白いですよね。ATマシン辺りまではついてたんですけどね~。

何とかよく使ってたMagicalDosのフロッピーとか出てきてくれたら良いのですが・・・。と言いつつまたプチプチに包んで奥にしまってしまいました。

tag : NEC

プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク