帰省ついでに、日本橋周りをしてきました。

日本橋でお昼ご飯と言えば「たちばな」でした。今は移転して少し奥になっていますが、道沿いの前の店舗は、かなりの数行っていたと思います。ボリュームもあり、値段も安かったです。今はさすがに値段が上がっていましたが、ボリュームは相変わらずでした。今回はパソコン通信時代の友人のへのさんと一緒に回って来ました。

cat20180209123747cat20180209123754cat20180209124659

久々のコロッケ定食です。

 

日本橋のジャンク屋はドンドン無くなり、店内には最後のジャンク屋と書かれていました。PCNETも向かいのビルの2Fに店舗が有るときはPC98やX68k、68kMACのジャンクがゴロゴロ転がっていたのですが、新品でも充分安くなったPCのジャンクなんて、もう絶滅ですよね・・・。

cat20180209132447

 

向かい側の1Fはワンダーランドです。昔漫画の本棚を3本満タンになるまで集めてましたが、まとめて手放してからは、買うこと無くなってしまいました。今でも漫画は沢山出ていて、読む側は種類も多くて大変そうですね~。

cat20180209132451

 

ソフマップのZaurusは変わらず。中古のPC-9821NeやAs2のグラボ、ZaurusオリジナルのATマシンとかここで買いました。そうそう1台目の030も、ここで買ったんです。ドリキャスなどゲーム機もここです。当時のフロアの様子は、今でも覚えています。

cat20180209132517

 

 

某謎のビル。1Fは全然変わりませんね。ここの一番上に、日本コンピュータクラブ連盟がありました。略して日本コン連。何だかんだで通っていました。今はどうなんだろうと検索したら、会長が・・・まだ生きてる・・・。さすがです。当時からG並の生命力呼ばれてただけありますね。住所検索したら、胡散臭さもパワーアップしてました。

cat20180209132548

 

この通りも、ここ数年は変わらず。車で来たときは、左手に有った光無線の駐車場によく止めさせて貰ってました。

cat20180209132607

 

スーパーポテトのレトロ館は、商品がかなり多いですよね。秋葉より揃ってる感じがします。少し安い気もしますし。今回SATURNのジャンクCD-ROMを沢山買って帰りました。

cat20180209132705

 

ベストドゥ!は自分が東京に来てから出来たのであまり知らないんですが、それでも、もう長く頑張っているお店ですよね。

cat20180209135215cat20180209135243

 

T-ZONEだったときに、よく洋ゲー買ってました。予約とか入れて買ってたんですよね~。自分の中で、自作機が一番楽しかったときだと思います。

cat20180209135555

 

絶縁ドライバーを探しに道具屋筋も通りました。ここらも変わらず・・・。シャッターの数もここ数年変わらないですね。

cat20180209140953cat20180209141127cat20180209141302

 

ザリガニの出張所?がありました。

cat20180209141327cat20180209141349

 

通りは、DVD屋も減らずに頑張ってるようです。マンションも増えてましたが、いつの間にかホテルが多いですね。中国人専用のホテルとかもあるそうです。

cat20180209141908cat20180209141937

 

PCワンズの展示されていた自作機です。Akiba-Watchに紹介されていたマシンです。綺麗に出来てますね~。レトロPCも楽しいのですが、MOD自作機もやっぱ楽しいです。

cat20180209142842cat20180209142909cat20180209154203

 

フジ・コーキは、よく残ってますね~。ビデオテープとかノーブランドのFD買いに来ていたと思います。

cat20180209154733cat20180209154917

最後はJ&P。お家騒動やら、ニノミヤや中川無線が全滅したりしたのによく残りましたよね。初めてのパソコンMZ-1200を買ったのは上新電機です。PCGの取り付けに、父親とMZ-1200を電車で担いで、ここの1Fで取り付けて貰いました。

スポンサーサイト

PC-88VA3の起動確認

前回、2014年の7月に「2次電池の切断の為」起動確認していましたが、またそれから長い眠りについていました。

Twitterでも書いてましたが、点検の備忘録としてblogにも残しておきます。

As2の修理をお願いした第三研究所さんにお話ししたら、VA3でも面倒見ますよと言って頂けたのですが、さすがに勝手にポンポンお金も使えないので、少し間隔を開けますと回答させて頂きました。たまには、電源入れてみてくださいとの事でしたので、久々に起動させてみました。

cat20180204112617

 

煙が出ることも無く、なんとか起動してくれました。

cat20180204114108

 

サウンドの方も、ボリュームが小さくなったり聞こえなくなったりも無く、ちゃんと鳴ってくれました。手製の音楽再生メニューが懐かしいです。VAのフォントも独特で気に入っています。PC-100と同じとか聞きましたが、PC-100のフォントはちゃんと見たこと無いです。

cat20180204113302

 

V3モードも一応確認してみましたが、ちゃんと動いてくれるようです。MS-DOSで環境整えて遊んでただけなので、V3モードのゲームとか特に無いのですが・・・。

cat20180204113633

 

PC-Engineのシステムと書かれたフロッピーを入れて見ると、よくわからない画面に・・・。エラーも出てるし、元々こんなのだったか忘れてしまいました。2TDのフロッピーも確認したいところなのですが、ケースだけ残して中身は行方知らずです。フロッピーを大量に廃棄したときに間違えて処分した可能性も大きいです。残念。

cat20180204114557

 

軽くゲームも動かしましたが、キーボードも問題無く使えるようです。cat20180204121545

cat20180204114714

 

で、かなり汚れていたキーボードを洗うことにしましたが・・・。

F2キーの軸が折れてしまいました。悲しい。今まで何回かやってたのに、とうとうやってしまいました。キー側に小さいネジでも埋め込んでしまって無理矢理刺して修復を試みますかね~。キーボード自体は石けん洗いだけですが、かなり綺麗になったのに残念。

cat20180204122054

cat20180204131122cat20180204131228

何にせよ、起動してくれて良かったです。VA2/3シリーズって、放置でも死んでいくんですよね・・・。うちの残っていたレトロPCはほぼ全部、この時期なので悲しいです。

PC-9821As2が修理から帰ってきました。

何だかんだで一番お金が掛かった98だし、パソコン通信からインターネットで活躍してくれたPC-9821As2を修理に出していました。

今回は、第三研究所さんへお願いし修理して頂きました。

cat20180128150048

修理内容はこちらになります。
・ マザーボードの FDD I/Fに不具合がありましたので正常動作確認済みの中古整備品に交換しました。
・ 電源ユニットの電解コンデンサを全交換しました。
・ サウンド部についての電解コンデンサを音響用に交換、XRU4066BFチップの除去、YM3016の電源部にバイパスコンデンサを追加し、高音質化改造しました。
・ カレンダ時計用バックアップ電池を新品に交換しました。
・ マザーボードと CPUボードに防湿防錆コーティングを施しました。
・ FDDの分解清掃と整備、電解コンデンサを全交換、マイクロスイッチ研磨を行いました。
・ CD-ROMドライブのギア部分に注油を行いました。
・ LANボード、PW928IILBの全電解コンデンサを交換しました。

 

今回は、本体修理以外にオプション品の予防保守もお願いしていしました。自分のマザーボードはコンデンサー類を交換して頂きましたが、フロッピー周りの不具合が解消できず、別のマザーボードに交換までして頂いています。どうせ頼むのならと、FM音源周りのチューンナップもお願いしています。今回の費用は合計で5万円程でした。(PowerWindow928IILB+接続ケーブル購入費用含む)

 

掃除しきれなかったマシンも、返却時にきっちり綺麗にして頂いて帰ってきています。

cat20180127120850

 

さっさと稼働チェックするために全開でいろんな機能を試していきます。HDDはもともとの340MBがまだ動くので、テストついでにMOにバックアップです。OLYMPUSの後期の640MBのMOって無茶早いですね。このドライブはメルカリで500円+送料1,000程でした。cat20180128085112

 

綺麗にバックアップも取れたのでCF化します。今回はハギワラの産業用のCFカード4GB(3.5GB程?)です。

cat20180127134228

 

A-MATE正面からHDDが出し入れできて便利ですね。

cat20180128141424

 

今まで調べてなかったので知らなかったのですが、As2はHDDの容量は544MBまでしか認識出来ないのですが、フリーのツールを使うことで、4GB程まで認識が可能になるようでした。X68000の1GB超えのような感じです。(GOVERHD)今回はRevisor for Enhanced Ide(REI)と言うプログラムを使わせて頂きました。ベクターにアップされています。使い方は付属のドキュメントにありますが、内蔵のHDDを一端切り離して、IDEのBIOSにパッチを当てツールを起動、付属のツールでHDDを認識、その後、標準のフォーマッターでHDDをフォーマットした上に、HDD側にIPLのパッチを当てます。再度切り離したHDDを接続して起動させます。このツールを使う前にバックアップを取って500MB程に切り直ししましたが、また一からフォーマットし直して、バックアップから書き戻しました。DOSはこの辺りの操作が簡単ですね。

cat20180128084827

 

容量はこの通りになりました。作者様にとても感謝します。ドキュメントにあるセーラームーンのおもちゃは買えそうに無いですが・・・。

cat20180128114828

 

折角沢山の容量になったので、Windowsも入れ込んじゃうことにしましたが・・・。どうも起動しません・・・。どうもWindowsを入れるとさっきのツールで書いたIPL辺りを書き換えられるらしくHDDごと認識出来なくなります。しくしくと言う事でまた一から作業し直しました。増えた分はDOSでたっぷり使うことにします。

にしてもセットアップ中のWindowsの絵が、丁度おんなじ感じで部屋が散らかってると、嫁さんからの突っ込みがありました。

cat20180128100735

 

環境を整え終わって、CFもDDWINで丸ごとバックアップを取りました。HDDに収まりきれなかったデータ類も。容量が10倍ほどになったので、かなりHDD側に入れることが出来るようになりました。Windowsもとりあえず3.1を起動させると懐かしいゲームとかが残っていました。延命保守頂いているので、じっくり長く遊べそうです。

cat20180127174312cat20180128142544

今回久々にAs2を触りましたが、他にあるPC-9801DSに比べたら圧倒的に早いだけで無く、CX3のPentium100MHz機に比べてもなんだかファイル操作周りはキビキビ動いてる気がします。AMD486の133MHzで有ることやCX3はセカンドキャッシュを搭載していないしで、この辺りを追加してやればやっぱ早い気もしますが、どうなんでしょうか~。

ALL ABOUT マイコンBASICマガジンⅡに行ってきました。

マイコンBASICマガジンの2回目のイベントが有楽町のよみうりホールで行われたので行ってきました。前回は秋葉の体育館でしたが、今回はちゃんとしたホールで行われました。1,000人規模のイベントとなりましたがチケットは売り切れたそうです。cat20180114121111

 

自分はA席6001円(税別)でした。全員に冊子が配られます。

cat20180114121155cat20180114123631[1]

 

ホールの待合場所には、PCの展示やベーマガ全部の表紙の展示、物販コーナーがありました。

cat20180114121239cat20180114123231cat20180114121348cat20180114121338cat20180114121306

cat20180114121851cat20180114121532cat20180114122428cat20180114122608

 

イベントホールはこんな感じです。2階席もあります。

cat20180114122058

 

イベント内容の詳しいレポートは止めて欲しいとの事でしたので、撮影OKだった参加者の方々だけさらっと掲載します。4部構成で6時間と長いイベントでしたが、あっという間に時間が過ぎ去っていきました。1回目でかなり話が出たので、2回目はネタが無いんじゃ無いかと思いましたが、まだまだ有りそうです。

cat20180114132607cat20180114132627cat20180114132708cat20180114124046cat20180114144950cat20180114145009cat20180114161952cat20180114162018cat20180114162143cat20180114144052

 

自分がベーマガを主に読んでいた期間は1983年~1987年くらいまでで、その後ログインに変わっていました。なので今回のオープニングやラストの山下さんのネタは???でした。雰囲気は伝わるので良いのですが、ネタのすごさが判らなかったのが残念です。

cat20180114191044cat20180114193048

 

イベントでは、N-TYPE2が披露されたり。古代さんの未公開だった曲も披露されたりと中身は熱かったです。

cat20180114215406cat20180114215522

 

TIPSとして?オールアバウトNAMCOの本は初版以降はパックマンの指先に星が印刷されてるそうです。自分は速攻買ったので初版版でしりませんでした。

cat20180114220723cat20180114221055

 

頂いた冊子を見たら初期はマイコンの文字が大きかったんですね。全部捨ててしまったので、もうおぼろげな記憶しか無くなったのが残念です。

cat20180121154510cat20180121154526cat20180121154552

2回目はもう良いかなぁと思ってましたが、結局参加して楽しませて頂きました。

 

また、イベントの内容の詳細は公式からまとめて公開されると思います。

2017年最後のヤフオクはCバスカードセットでした。

年末最後に届いた落札物はPC-98用のCバスカードのセットです。7枚で1,500円+送料でした。殆どSCSIカードで、さらにその内92カードが3枚ダブっていました。

cat20171230145935

 

今のところ純正にこだわることは無いのですが、1枚くらいは置いてても良いかな・・・。1枚ブラケット錆びてたし微妙。

cat20171230150016

 

CバスのメモリーはDSにメモリーを足しても6MBまでしか認識してくれなかったので、もう少し増設してみたくて・・・。今回はこのボード狙いで落札でした。

cat20171230150045

 

後は、SNEのサウンドカードです。サウンドオーケストラVと言う物みたいです。ちゃんと今も会社が残っていました。面白いのはYM2203以外にMSXに使われているFM音源(Y8950)も積んでいる所です。対応したソフトは数本だけらしいです。他にも、ぱっくんソフトさんのみゅあっぷと言うツールでも対応してるとのことでした。これで音源を内蔵していない98が手に入ったとしても・・・。もう増やせないか・・・。

cat20171230150037cat20171230145952

 

年始めにやっと98に刺すことにしました。

cat20180103152520

 

メモリーボードの設定はメルコのページにそのまま残っていました。当時はダメルコとか言ってたのにすいません。IO-DATAは色々差分ファイルしか無かったりで面倒ですね。

cat20180103152703

 

これで拡張スロット満載になりました。刺さってるのは下からICMのIF-2769にIODATAのGA-1024Aで、今回のメモリボードEMJ-4000Rで、サウンドオーケストラVです。内蔵の音源は切り離しました。スピーカーの結線をしてないのでボードのブザーみたいなスピーカーで音が鳴ります。ラインアウトにケーブルを刺すとボードからは音が鳴らなくなるようです。

cat20180103155208

 

メモリーも無事認識して10MBに。Cバスのメモリーは起動時のメモリーカウント段階で遅いのが判る感じです。Windows3.1も試してみましたが、6MBの時とあまり変わらず。沢山ソフトを立ち上げたら変わるかも知れませんが、遅いのでそうする気が無くなります。今回はスロットが埋まったので満足です。

cat20180103155640

cat20180103162259

PC-9821As2用に各種パーツ集め

PC-9821As2を思い切って修理のお願いをしました。任天堂のSwitchが買えるくらいの値段は掛かりそうですが、一般の方に作業をお願いしていますので、修理やチェックの時間を考えると、かなり安いと思います。世の中的には散髪でもマッサージでも10分1,000円はかかりますよね。

 

で、修理まで時間があるので、いくつかオークションでパーツを集めてみました。まずはキーボードです。9801DSやCX3は本体のみで落札したので、手持ちのキーボードを回しましたので、As2のキーボードが足りなくなりました。落札価格は2台で2,000円+送料。送料が代引き&距離もあったので、1,800円ほどかかっています。程度は思った以上に綺麗だったので、良かったです。少し黄ばみはありますが、ホワイトニングしたくなるほどでも無かったです。かなり掃除されたのか、外見の汚れも少なかったですが、9821用の方はキーの隙間にもの凄い量の埃が詰まっていました。2台とも分解して一応キーも洗っておきました。キーの反応も問題無く使えましたので一安心です。

cat20171216152808cat20171216152509cat20171216152035cat20171216175959

 

もう一つはAp2のCPUボードです。こちらは2,200円+510円の送料でした。As2にはセカンドキャッシュ増設済みなので256MBにしても効果が薄そうですが、折角の修理なのでパワーアップもしたいと思い買ってみました。Pentiumオーバードライブも付いていました。当時買おうかと悩んだ物の、DOSではそれほど早く無かったので見送った物です。As2にはAMDの5x86を積んでいるので、これは使わないもののパーツとしては面白そうなので手には入って良かったです。こちらもCPUボードも、とても綺麗な状態でした。

cat20171216103230

後は無事修理完了を願うばかりです。

PC-9801DSにメモリー増設

何回もやり直したので、記事にするの忘れていましたので今更掲載です。

 

うちのPC-9801DSはメモリー640K+4MBの構成でした。1MBほどディスクキャッシュに割り振っているのですが、この状態だとWindows3.1が容量不足で起動できませんでした。で、増設メモリーを探していたのですが、ヤフオクでも中々見つからないか、有ってもめちゃくちゃ高かったです。

cat20171022145702

 

そんな中、ツイッターでフォローさせて頂いているsakohitiさんが、手持ちのメモリーを譲って頂けるとのことで、Mi68の際に頂いていました。毎回甘えさせて頂いてすいません。これでサクッとメモリーを刺してフルの12MB構成に!と思ったのですが・・・。

cat20171022150256cat20171022150441

 

どうやっても6MB以降は写真のような、エラーが出ます。メモリーの順番をかえてみたり色々したのですが、残念ながらどうやっても6MBまでしか増設出来ませんでした。設定か何か間違ってる程度なら良いのですが・・・。

cat20171022154827

 

ただしこの状態でもWindows3.1が起動できるようになり、目的は達成できました。でも、めちゃくちゃ遅いですね。自分が3.1を使い出したのは、PC-9801NS/Tと言う機種ですが、メモリー7.6MBで366SLの25MHz(オーバークロックしていました)です。その頃の印象よりやっぱり遅いです。

cat20171210194655cat20171210194712cat20171210194852

386SXはパワーアップがちょっとやっかいなのが難しいですね。このままだと、PCM音源も積んでいないので、Windowsでは音も鳴らせません。

もっとも、別に早い98は持っているので無理する必要は無いのですが、ついつい昔と同じで色々弄ってみたくなっちゃいますね。とは言え、DOSで使うにはこれ位のスペックでも問題無く使えています。

レトロPC部屋の片付け

レトロ系のPCを置いてる部屋ですが、ずるずる物が増えてむちゃくちゃになってきたので整理しました。少しは使いやすくなります。

 

cat20171125093004

 

88FAに付いて来たモニターも床に転がってたのを上に上げました。ケーブル類が色々出てくるので、片付けても綺麗に感じにならないですね。後はキーボードのゴムとかペタペタ引っ付くので机にカスみたいなのが付くのがレトロっぽいですが、メンテナンスも大変。

新しめのマシンは、固めて液晶モニターへ接続です。Core2の自作機も一応Windows10にしてこの辺りのパソコンの資料とか見るのに置いておきます。本当は机を買いたいところですが、メタルラックを買っては捨ててって繰り返したので、取りあえず先に置いてみてから考えることに。捨てるのもお金掛かるんですよね。

cat20171126172913cat20171126172923

 

昔の4:3のビデオもPVMモニターで見てましたが、さすがに小さいので68のモニターで見れるように。簡単なメディアプレイヤーですが、さっと再生出来るのが便利ですね。PCでもスマホでも色々つなげれば見れるものの、ちょっと面倒ですかね。cat20171126174144

cat20171126173429cat20171126173603

写真では真っ青に見えますが、ちゃんと色は出ています。これ位古いのだとやっぱブラウン管で見る方が雰囲気出て良さそうです。後は音系をどうするかですかね~。ライン入力の付いたラジカセでも欲しいかな~。

Eyoyo 10インチ WUXGA IPSの小型液晶モニター

Amazonで売られている10インチのWUXGAの液晶を試してみました。お値段は1.5万円程です。Amazon倉庫から来るのですぐに到着しました。

パッケージの箱は取っ手を持つと文字がひっくり返ります。

cat20171028110607[1]

 

セット内容は充実しています。本体以外にリモコン、台座、ウォールマウントアダプター(VESA仕様)、VGAケーブル、BNCケーブルです。HDMIケーブルやリモコン用の電池は付いてきません。

cat20171028110741

 

筐体は金属パネルです。結構ずっしりですが、がっちりしている感じでもあります。

入力端子も多く、VGA、HDMI、コンポジット、音声の入出力、USB(内蔵メディアプレイヤー用)、BNC端子となっています。

スピーカーも内蔵していてかなり大音量で音が出ます。リモコンでボリューム操作も出来ます。

cat20171028110850

 

台座はこんな感じです。しっかり締め付けてロックさせます。各種コネクターが下向きなので、台座との間隔がギリギリなので、ごついケーブルだと曲げきれないかも知れません。

cat20171028111346cat20171028111432

 

重さは900g超えてますが、金属筐体にうまく熱も伝わってるようでよく出来てる感じです。

cat20171028111608

 

リモコンも付いているので、入力切り替えも楽です。モニターのボタンでも出来ますが小さいので操作はしにくいです。

cat20171028111730

 

肝心の映りは、発色もとても良いです。視野角も広いですが、ドットバイドットだと、ペンタイルのように感じてしまいます。動画向きに作られてるのかなぁ~って感じもしなくは無かったです。

cat20171028113634

 

HDMIの480iの入力やコンポジット入力もあるので、下の方の周波数にも対応しているかな?なん思って確認してみましたが、結果から言うとレトロPCには向いていません。X68000だと普通のVGAモニターと同じく下が切れます。

cat20171028115912

 

PC-98の24kHzも映るんですが、豪快に切れます。一番合わせてもこんな感じで残念。15kHzは無反応でした。

cat20171028120213

 

ビデオ入力は当然ながらちゃんと映ります。ズームモードや、4:3モード、ドットバイドットに16:10に枠一杯映したり出来ますが、レトロ機ではむずかしいですね。

cat20171028121820

後、HDMIのドットバイドットだと1980*1080までです。縦の1200を生かすにはアナログ入力か、メディアプレイアーくらいになりそうです。

 

miniPCと組み合わせるとミニチュアみたいでちょっと良い感じではありました。前面の青色LEDがむちゃくちゃまぶしいのが気になります。

cat20171028142800

動画でも撮ってみたので、時間あればこっちでどうぞ。


第7回 マイコン・インフィニット☆X68000 30周年PRO-68K その3

MZ-Memoriesさんのブースです。MZ-700のエミュレータを作られた、まるくんさんがVRの部屋の中にMZ-1500を再現された展示です。ブースがVRで見だちにくいですが、Oculus Riftつけると実は一番広かったかも。VR空間ではギャラガかサンダーフォースが遊べました。VR空間の中のMZで遊ぶ意味は?とか思いましたが、試してみると中々違和感なく遊べます。キーボードも効くのでプログラミングもその気があれば・・・。VR空間と物理デバイスの位置が合わないのでその辺りはまだ難しいですね。

cat20171008114333cat20171008114958

 

スーパーカセットビジョンであそぼうさんのブースです。今回もスーパーマリオで遊べます。あのコントローラーでも器用に遊ぶ方が多くて驚きます。

cat20171008095803cat20171008095826cat20171008095846

 

音源モジュールの展示販売です。この辺り興味がある物の自分ではちょっとハードルが高すぎる感じでした。

cat20171008105527

 

ヘルメッツさんのところではXVIのラズパイケースの試作品がありました。ダライアスケースにラズパイ内蔵タイプの展示もありました。自分は先日やっとX68ケースを組み立てたところです。

cat20171008105421cat20171008105458cat20171008105507

 

マインドウェアさんの所は平安京エイリアンです。オリジナル版や、アレンジ版があります。アレンジは中々激しくて、思ってた平安京エイリアンと違いますが、今風なスピード感で遊べて面白そうでした。

cat20171008134240

 

大往生さんのところです。XVIが相変わらずかっこよいですよね!

cat20171008103608cat20171008103701

 

ジーコ神社。ゲーム売ってるかも知れませんが。もうジーコ神社です。今日もまた増えてます。

cat20171008111743

 

妹さんはあほの子になってました。

cat20171008111644

という感じで、またたっぷりと遊ばせて頂きました。



最後に動画でもまとめてます。

第7回 マイコン・インフィニット☆X68000 30周年PRO-68K その2

野うさぎ亭さんの所のファミコン版東方です。弾幕もかなりの数が出るし、面クリアでデモが入ったりと凝った作りです。

cat20171008104934cat20171008104914

 

第三研究所さんの所はAp2とNa7の展示です。後はPC-98シリーズのカタログの束がごっそりと。98の事で検索かけたことがある人は、必ずと言っても良いほど見られているサイトだと思います。いつかうちのAs2の修理をお願いしたと思います。早めにしないと治る物も治らないかな。修理相談はHPで受付されています。

cat20171008104123cat20171008104207cat20171008104049

 

ぴゅう太買えやさんの所はぴゅう太が並んでます。当たりまえw自作の火山の隕石をビックバイパーに当てるゲームが遊べました。77AVは何故か5インチドライブが真ん中に刺さっていました。cat20171008100322cat20171008100419

 

MEGA-NEOΠさんの所ですが、またゲームギアでMSXアダプター経由のフロッピーカードリッジでゲームが動いていました。2スロット仕様みたいです。すでにもう何が何だか。

cat20171008100152cat20171008100027

 

メガドライブの方もアダプターのアダプターのアダプターで32X作ったSEGAの人でもこんなに、いろんな物が将来突き刺さるとは思ってなかったでしょうね・・・。

cat20171008100131cat20171008103750cat20171008100107

続きます。

第7回 マイコン・インフィニット☆X68000 30周年PRO-68K その1

第7回目のMI68が2017/10/08に開催されました。今回も秋葉原のUDXで開催です。時間は第一部が10:00~15:00、第二部が15:15~17:00です。

自分は第一部だけなので朝一番に出かけました。10時少し前に秋葉原つきましたが、前売り券があると少し先に入場できました。

cat20171008094055

 

入り口のプレイアブルコーナーです。タウンズとX68が並んでいます。

cat20171008134334

 

最初にX1centerさんのブースです。X1にシルフィードを移植されています。前にデモ画面を動かしている所は見ましたが、今回は通しで遊べます。動きもびっくりするぐらい普通に遊べるレベルです。凄いなぁ。

cat20171008095623

 

ラストまでありますが、クリアすると現状はリセットがかかるとか。X1TurboIIIに独自に作られたFM音源や拡張RAMの載った複合ボードが刺さっていました。

cat20171008110126

 

こちらも以前作られていたFPGA版のX1ですが、今回は外装もつけられています。液晶も綺麗なので、パソコンminiはこんな感じのが良かったかなぁ。しばらくすると、他のタイプも出てきて、既に量産なの?とか思ったり。

cat20171008095553cat20171008125734

 

かねごん亭さんのMZ-700スタバでドヤリングシステムです。純正のMZ-700ケースに液晶モニターとプロッタプリンタ部分に巨大バッテリー搭載でモバイル出来るらしいです。また一つ不可能が減りましたね。

cat20171008101833cat20171008113450

 

三郎さんのところはEnterprise?とかい言うイギリスのPCです。ドイツでも売られたらしく、側面のBASICのROMはドイツ版らしいです。電圧が違うので、トランスかましても最初安定せずでしたが、何とか使えるようになったようです。カーソルキーが大胆にもstickってのが、いかれて・・・イカしています。DOSに似たファイルシステムまであったので、それなりに色々開発されたようです。拡張スロットからFDが出ますが、本体に収まるとか全く考えないスタイルのようです。

cat20171008100910

cat20171008113453

 

LIPSさんのブースです。相変わらずの小型機器が並びます。真ん中のカラー液晶が付いた物はラズパイZEROにiPhone用のキーボードがくっついてバッテリーで動いています。ケースはプラ板で作成されたらしいです。

cat20171008105024

 

見たこと無い時計を教えて頂きましたが、こちらは自作ソフトが動く時計で、3年程前に発売されたけど、会社が無くなってしまった物らしいです。1.5,6万円程で売られたらしいです。Apple Watchとかと違って、常に表示が出たままなのに3日ほど電池が持つそうです。デザインが変わるだけの時計としても面白そうなのに、成功しなかったんですね。

cat20171008125003cat20171008125012

続きます。

レトロPC向け?Cocoparの13インチ液晶モニター

レトロPC界隈で話題となっていたAmazonで売っている小型の液晶モニターです。Cocoparの13.3インチの液晶モニターです。1.6万円程のモニターです。フルHDのパネルでIPS、HDMI入力とVGA入力があり背面にスピーカーも付いています。15kHz~の入力に対応していて、殆どのレトロPCに対応可能です。(複合同期信号には対応していません)

 

セット内容はパネルと、ACアダプター、液晶を立てかけるスタンドとHDMIケーブルです。

cat20170916193656

 

端子はこんな感じで並びます。隙間が少ないので、レトロPC用の15pin変換コネクタはPC側にした方が良さそうです。HDMIもきつきつなのでケーブルを選びます。※勿論ですが、付属のケーブルは問題ありません。

cat20170916193801

 

電源や設定用のボタンは背面に並んでいます。全部同じ形のボタンですし裏側なので、慣れるまで間違えて押してしまいそうです。

 

cat20170916193821cat20170916200233cat20170916193827

本体はかなりスカスカなのか、かなり軽いです。

スタンドはおまけみたいな物で、結構ゆるめに作られてるので簡単に倒れます。マウンターで固定したいところですね。VESAのスタンドとかそれなりに値段も高いかもですが、このモニター専用にスタンドを自作されている方もいらっしゃいました。タブレット用のスタンド使うにしろ、液晶の下の出っ張りが邪魔で綺麗に収まってくれません。PCの後ろに手を回してる時に、引っかけてこかさないように注意が必要ですね。

 

ACアダプターはこんな感じ。12Vのようです。

cat20170916193723

 

このモニター、当たり外れがあるようで(と言っても本来のHDMIの映りは問題無いと思いますが)ファームウェアがこのバージョン(ParaV007)で無いと4:3の比率に固定できないなど、一部違う物が混じっているとの事です。違うバージョンのファーム番号が何なのかは判っていませんが・・・。

cat20170916194813

肝心の映りですが、IPSと言うだけに視野角も広めです。色合い少し偏っていますが概ね綺麗です。ギラツブ液晶でも無く、かなりシャープな映りです。周波数単位とかで位置情報は覚えてはくれなさそうなので、繋ぐPCごと設定を変えるのは面倒かも知れません。

 

写真ではカバー付けたままにしていますが、外すとノングレアです。

 

と言うわけで、15kHzのMSXから接続テストです。複合同期信号は受け付けないのでシンクセパレータ必要ですが、噂通りにばっちり映ってくれました。すべてのスクリーンモードを試したわけじゃ無いですが、何本かのゲームで確認し大丈夫そうです。

cat20170916201821

 

X68000です。こちらも綺麗に収まっています。ファンタジーゾーンは小さく映りましたが、グラ2は大きくちゃんと映っていました。ファンタジーゾーンの24kHzモードは、モードを切り替えるとモニターが映像を見失うこともあるようです。

cat20170916204133cat20170916204537

 

PC98です。こちらも24kHzで問題無いです。少しはみ出してもオートアジャストで綺麗に収まるように合わせてくれました。

cat20170917195753[1]cat20170917202623[4]

 

PC-88の24kHzも問題無いです。ここまで綺麗に映し出してくれる液晶モニターは少ないですよね。MDT152Xも持っていますが、それはそれでもう古くなっているので、かなり安心です。でも、買ってハズレファームかも知れないところだけは心配しました。

cat20170917200950

先に購入されて、各種機器を接続確認して公表された方々に感謝です!

X68000のHDD周りについて(Logitec SHD-U8.4E)

IDE->SCSI変換のHDDを手に入れてみました。

以前購入したIO-DATAの物に続いて3台目です。前のは1台はPC-9801DSに接続。もう一台はX68000EXPERTにつけていました。

 

98に接続しているIO-DATAのは16GBのCFカードに入れ替えて、一応使えています。

30GB搭載の方はEXPERT+MACH2の組み合わせだと、ファイルコピーの時にハングすることがあり使いにくかったです。ハングするとフォルダが中途半端に書かれて、アクセス不能フォルダになったりで困りものです。

 

今回手に入れたのは、ロジテックの物でSHD-U8.4Eと言う型番です。検索するとこれの4.3GBの物で、中身入れ替えで32GBのHDDまでは問題無く使えるようです。

そんなわけで、EXPERT+MACH2用にもう一台手に入れてみました。

今回は、IO-DATAみたいにSCSIのID分割機能が無いので、8.4GBそのままで使ってみました。取りあえずコピーでハングするようなことも無く綺麗にバックアップから戻せました。

X68000で1GBを超えるHDを使うのにGOVERHDを使わせて頂いています。

ファイルコピーはFDXで行ってると、時々ファイルかフォルダ名称の組み合わせなのかで、うまくコピー出来ないフォルダもあったのでLHESでコピーしています。

コピー後ubuntuマシンからまるごとイメージのバックアップを取ろうとしたのですが、このHDDはubuntu側で認識してくれなくて、バックアップが取れていません。取りあえず起動ドライブ周りをX68000に接続したMOで、ノンビリとバックアップしました。

cat20170902105758cat20170902110049

ロジテックのがうまくいったので、IO-DATAの方(30GB)をX68030につなぎました。こちらは内蔵のSCSIの口へ接続です。X68030に接続して再度初期からして、元々接続している変換番長からコピー中ですが、今のところハングすること無く使えています。こちらもID分割を使って16GBを2台にしていますが、2GBずつ取ってもかなりのドライブレター数になるので、半分くらい領域確保していません。無事に使えて良かったです。Mach2の方は変換番長も駄目みたいなので何かと相性有るんですかね~?

cat20170910164042

X68000の容量制限については、さば技研さんの記事に載っていました。

あと、2GBのパーティションだとセクターサイズがでかくなるかで、思ったよりファイルが入らない感じです。X68だとまだまだファイルが小さいのでかなり効率が悪くなってそうです。その他、4GB分くらいのファイルコピーでも、丸々一日かかるって感じですかね。

PC-8801FAでフロッピーへの書き出し

忘れそうなので。メモ用に。

 

PC-9801DSでMAHALITOを使って吸い出したイメージファイルをD88ファイルに変換し、今度は書き戻ししてみます。MAHALITOを使って書き戻しも出来ますが、98のドライブは2HD/2DDドライブです。自分の8801FAは2D専用ドライブで、今後相性が出るかも知れないので88側のドライブを使って書き戻してみます。試したのは昔のベーマガの打ち込みDISKなのでプロテクトとか掛かってません。※D88化はこちらのツールにあるDILTOを使って変換しています。

cat20170611080748[1]

cat20170611080739[1]

 

まずは88とWindowsマシン(今回はWindowsXP32bit)のシリアルケーブル接続です。リバーケーブル+USBシリアルケーブル。88側は9pinから25pin変換コネクタ使用しています。

cat20170903160930

 

Amazonで売ってたUSBシリアルケーブル198円(税・送料込み)。海外発送なので、ノンビリ到着だったと思います。ハズレを警戒するなら安いのであらかじめ2本以上買うのもありかと。ドライバー販売ページにもありますがここ。何故か音源のドライバーとかごちゃ混ぜなので注意です。

cat20170903132546

 

88側の設定を確認します。8MHz機は19,200bpsでも大丈夫らしいですが、一回コケたので9,600で。(デフォルトのままです)

cat20170903135113

 

・Windows側の転送ツール(TransDisk)をダウンロード。こちらからリンクをたどり、ダウンロードのその他からxdisk207.lzhを落として解凍。中からxdisk2.basを取り出す。

・もう一つこちらから、エミュレータ関連ツールのリンクよりXDISKWIN2(XDISKWIN2.zip)をダウンロード。先ほどのxdisk2.basを同じフォルダに入れておく。

 

・88を起動させる。

BASICを起動後にload "COM:N81X" と入力する。

cat20170903134843

 

・Windows側はXDISKWIN2を起動、ファイルの設定項目からCOMポートや通信速度(88と同じ速度)を確認。動作モードを88用システム送信を選択し実行。

cat20170903135133

・しばらくすると88側でProgramの読み込みが完了して、カーソルがフリーになったらRUNで実行。88が待ち受け状態になる。その際、アクセスランプが点いたままだと次の操作でコケるので、空のフロッピーを突っ込んでランプが消えた状態にする。

 

・XDISKWIN2でディスクイメージ送信に動作モードを変更しファイルも選択して実行。

cat20170903135435

 

ステータスは、88側もWindows側も表示されています。

cat20170903135443

 

しばらくしたら書き終わりで完了!

cat20170903135458

tag : PC-88 フロッピー 書き戻し

Retr0brightでキーボードの漂白をやってみました。

ヤフオクで落とした88のキーボードが、かなりくたびれていて、洗って何とか触るのはOKなレベルには成っていましたが、黄ばみがもの凄いので、キーボードの漂白にチャレンジしてみました。いつの間にかRetr0brightなんて言葉まで出来ていたんですね。

 

キーはこんな感じで、色違いになっています。

cat20170813121246

 

ワイドハイターEXが良いとされていますが、うちの人にマンションのベランダで変な匂いだしたら近所迷惑だと言う事で、家にあった粉の漂白剤を使うことにしました。特に臭いは出ません。

cat20170813121500

 

最初コロッケのお皿みたいな透明なのに入れてましたが、気泡が出来てキーがひっくり返るので、食品用のジップロックみたいなのに入れて7日間干しました。もっともこの夏の東京は1日も晴れずにむしろ大雨の日が多いくらいでした。見た目あんまり変わってないようですが、元のキーと比べると・・・。

cat20170819155354

 

テストのつもりで、テンキーとカーソルキー周りだけやってみましたが、成果はこれです。まだ色が段になっていますが、黄ばみのレベルがかなり変わりました。残りのキーも実行したいと思います。油断してると袋の中でもキーがひっくり返るので、毎日帰ってきたらひっくり返ってないか見ないといけなさそうです。

cat20170820172748cat20170820172822


にしても、実際にやってみるとかなり効果あるんですね。

Maker Faire Tokyo 2017に行ってきました。

もう先週になってしまいましたが、Maker Faire Tokyoってイベントに東京ビッグサイトまで行っていました。

cat20170805115521

 

昔はテレコムセンターのところでやってたと思いますが、いつの間にか大きなイベントになっていますね。

cat20170805120547

 

展示されているブースも沢山有ります。

cat20170805121808

 

いろんなブースがありすぎて紹介しきれませんが、記事の後ろの方にビデオつけておきますので、雰囲気見るのにそちらでどうぞです。

 

ichigo Jamのブースでは福野泰介さんが、直接話されていました。

cat20170805122635

 

他にも謎な展示や楽しい物やら感心する物まで一杯あります。

cat20170805123733cat20170805123941cat20170805124532cat20170805124807cat20170805130444cat20170805131329cat20170805142503cat20170805143005cat20170805153025cat20170805161218

ビデオでも撮っているので、時間ある方はこちらもどうぞ。


fireTVstickを購入しました。

Amazonプライムで、海外ドラマとか見てたんですがパソコンをプロジェクターにつないで見てたので、毎回準備が面倒でした。丁度プライムのセールがあったので買ってみました。3,480円とリーズナブルですね。

cat20170715155535

 

 

本体は結構小さくてリモンが一番大きいって感じです。説明書は簡単な物で、後はつないだら勝手に操作ガイドが始まります。

cat20170715155751

 

Chromecastに比べると大きいですが、Chromecastと違って単体で動くところが便利です。このstickから、Bluetoothのスピーカーに音を飛ばして使います。

cat20170715155812

 

普通はテレビにつないで使うと思うのですが、うちはテレビが無くてPCモニターしかないのです。そういった物につけるとちょっと不便です。PCモニターは入力があると電源が入って映るんですが、このfireTVstickって電源入りっぱなしなので電源抜かないと消えないとか、ちょっとこの組み合わせは相性が悪いですね。

cat20170715160048

 

セットアップも簡単。何よりアカウントと紐付けた状態で送られるのが凄いですよね・・・。

cat20170715160230cat20170715160706

 

映画の選択とかはPCのブラウザベースより使いやすいです。続きもさっと出てきます。音声認識もかなり優秀だと思います。

cat20170715160751

 

ゲームとかも有りますが、さすがにこれではやらないですかね。

cat20170715161221

Windows Insider Meetup in Japan 2 2017年6月25日(日)

先月行われたイベントですが、何にも上げてなかったので今更アップします。

1回目も参加していたのですが、その時はデジカメも持っていなかったので、特にアップはしていませんでした。

2回目は、みんな撮影してTwitterに呟いたりだったのでデジカメ持って行ってみました。

イベントの募集はこちらで行われました。

 

最初はマイクロソフトの方が、InsiderProgramについての説明です。この辺りは1回目と内容がかぶるところがありました。

cat20170625141135cat20170625142119

 

日本独自のことと言えば、IMEの話がローカルなので多かったですが、自分は長くATOK使っているので、あんまりよくわかりません。仕事用ではIMEしか使えないので、この辺りが良くなることは良いと思います。でも、まだ職場はWinsows7です。

cat20170625144340

 

今回は、アスキーの方とインプレスの方のお話もありました。

Windowsの機能みたいな話が多かった様な気がします。

cat20170625152030

 

ここでX1が出てくるとは思いませんでした・・・。

cat20170625152042

 

パワポの代わりにSwayというツールで作られています。まぁどっちが良いのかはよくわからないですね。ちょっと単調な感じとエフェクトがうざったい気もします。

cat20170625152146cat20170625152855

 

日本のアニメキャラじゃなくて、Windows10の公式キャラクターが居るそうです。忍者キャットってらしいのですが、忍者要素は無しです。

cat20170625153239cat20170625153824

 

インプレス側も、ソフトウェアや機能の紹介でした。会場に来てた方の年齢層がかなり高いような気がして、ウケ狙いのところがかなり滑ってしまうと言う。若い人本当に見かけなくなりましたね・・・。

cat20170625155256cat20170625160144cat20170625163156

 

後は、ユーザーがしゃべれるLightningTalkです。

cat20170625164948

 

古いアプリが動くかどうかの話で古いOfficeでも動きますって事ですが、これって元々動くように設定入っているのである意味当たり前なんかなとか思ったり・・・。

cat20170625165215cat20170625165622cat20170625170121

cat20170625170432

DOSのソフトも試されていましたが、DOSの設定は入ってないので動かないですね。

 

他に大学でのWindowsの利用状況の話をされた方や

cat20170625171234

 

WindowsPhoneについて話などです。

cat20170625172604

さすがにこれは知らなかったって話が飛び出したりしなかったので、ちょっと残念かな。

PC-9801DS & PC-9821Cx3の拡張

PC-9801DSですが、折角スロットが4つも有るのでSCSIカード以外にもとIODATAのGA-1024Aを落札してみました。DOSのグラフィックローダーで対応している物もあるのと、一部のゲームで対応しているので・・・。Windowsは入れていないので、そっちは不明です。後メインメモリーを4MBほど足せれば3.1位はいれても言いかもですが、DSに使える増設メモリー見かけなくなりました。

cat20170624142926

 

珍しい日本製のグラフィックアクセラレータのチップですね。

cat20170624142954cat20170624143012cat20170702123927

という感じで搭載しましたが、モニターがX68000の3モードだと24kHzからグラフィックローダーがSVGAの周波数帯に切り替わったりで、パラメーターをちゃんと与えないといろいろ不便です。この辺りは使いこなしていかないと良く判らないところですね。ツールは何本か落として見ましたが、一発間違えると画面が表示出来なくなりリセットです。24khzから映るブラウン管モニターも置いておけば良かったですね。

 

PC-9821Cx3の方は、落札時におまけで頂いたメルコのSCSIカード(IFN-SC)がイマイチ調子悪いのか、コピー途中でハングしたりもあったので、ジャンクの98用カードのセットを落札してみました。(5枚セットで650円)キャンビーのAVボードはCx3搭載の物と同じです。LBのボードも928の1MBでAs2に内蔵してるものと変わらないですね。

cat20170701120452

 

IOのSC-98IIIPが無難そうなので、こちらを使おうと思いましたが、TEXAのHA-55BSWが入っていました。このボードこちらの情報によるとWindows95には仮対応で、大量データコピー時にはデータ落ちがある不具合がある書かれていました。

cat20170701120514

 

 

ただしSCSIデバイスのスキャンが早いとも書かれていたことと、HA-55BSWの画像で検索すると今回のボードに一部子亀のボードが載っていないものもあったりするので、ひょっとしたら修正版かもなんて期待してこちらを使うことに。他にSC-98IIIPと違ってSCSIの端子がくし形じゃないってのもあります。手持ちのケーブルの数の問題で古いタイプの方が助かります。

cat20170701120503

 

この部分が付いてるのと付いてないのがあるみたいです。

cat20170701133132cat20170702124617

 

とりあえず、As2のHDD(340MB分)をMOにファイルごとにコピーしてみましたが、エラーは出ずにコピーは出来ました。ただし中身は全部確認出来ていないので、欠けてても判らないかもです。大量のデータ転送と書かれているのがどの単位かは、よく判らないのもありますが、今後は小さいファイルのやりとりだけだと思うので、しばらくこちらで行ってみます。起動時のSCSIデバイススキャンは確かに早くて、機器さえちゃんと電源が入ってたら、ほぼ一瞬って感じの爆速でした。

cat20170702131228

プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク